QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(何をしても結末は)たったひとつの卑怯なやり方

「どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいい」とは藤井裕久前財務大臣の台詞だが、そのまま民主党の本質だな。

  首相訪沖の混乱予想、米はシュワブ視察に懸念 (YOMIURI ONLINE)

 

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が急きょ、5月4日の初の沖縄入りを決めたことについて、政府内で現地の混乱と事態の悪化を懸念する声が出ている。

 首相は移設先となる米軍キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)を視察したい考えだが、地元では移設反対の横断幕が掲げられるなど、反発が強まっており、米側も首相の安全確保への不安などから、視察に懸念を示すという異例の事態になっている。

 首相は今回の訪問で仲井真弘多知事と会談するほか、普天間飛行場のある宜野湾市やシュワブなどを訪れる考えだ。シュワブ沿岸部に移設する現行計画を修正し、鹿児島県・徳之島へのヘリコプター部隊の分散移転と組み合わせた政府の最終案を、現地で正式に発表することも検討している。

 しかし、首相のシュワブ視察の打診を受けた米側は「ゲートは1か所しかなく、激しい反対運動にさらされて、イメージが良くないのではないか」と日本側に懸念を表明した。「首相の安全を保証するのは難しい」とも伝えたという。

 実際、名護市辺野古のバス通りには29日、「ヘリポート移設 絶対許すな」と大書された幅4メートルの横断幕が掲げられた。周辺住民の一人は「首相がシュワブに入ろうとしても、数百人規模の住民が集まってゲートを封鎖する。9万人が県内移設に反対したばかりなのに、その直後に来て修正案を押しつけるなんて、何を考えているのか」と怒りをあらわにした。

 首相が県内移設反対の大規模集会の直後に沖縄を訪問せざるを得なくなったのは、これまで公言してきた「県外移設」の道が閉ざされ、現行計画を修正して政府案とすることを、約束通り5月末までに決着させるにはこの時期に地元に説明することが必要だからだ。

 政府関係者は「警備上の問題や政治的リスクがあまりに大きいので、体を張って止めようとしたが、どうしようもなかった」と語る。首相周辺は「『県外移設ではなく、申し訳ない』という気持ちから、自分で説明したいという思いがあった」と首相の誠意を強調するが、政府内では「先行きを見通せずに現行計画を破棄し、迷走したつけだ」と冷ややかな声が出ている。


>9万人が県内移設に反対したばかりなのに、その直後に来て修正案を押しつけるなんて、何を考えているのか
これまで国外移設だの県外移設だの腹案があるだの、いい加減なことばかり言っておきながら当の沖縄には全く訪れず、やっと来たかと思ったら「ごめんねごめんねー」では、何を考えてるのかどころか騙し討ちと言われても仕方が無いだろう。ルーピーのことだからぶっちゃけ何にも考えてなかったんだろうけど。

そもそも米国から「現地の合意マストね」と釘を刺されているにもかかわらず、期限まで一月になるまでどこにも合意を取りに動かない、ということ自体やる気が無かったとしか思えない。
ルーピーは現行案の埋め立てでなく杭打ち桟橋式に拘っているようだが、いずれにしても桟橋の下のサンゴには日が当たらないわけで死滅するよね。意味が無い。ただ自民党と違う、と言いたいだけだ。
ただ、自民党と違うことをすればいい、しようと思ったが現地民の反対にあったからダメだったということにすればい。ダメならあやまればいいんだろ、ということなんだろう。故人献金や脱税が発覚したときと同じだ。


一方、その「腹案」らしい徳之島移設に関しては相変わらずこんな恫喝じみたことをやってるみたいだし。
そもそも徳之島案は沖縄から遠すぎるからダメだ、と米国からダメ出し食らってるわけでこちらもどれだけやる気があるのかわからないが。


  悲しい徳之島の現実 (徳田たけしオフィシャルブログ)

今日の国政報告会でも沢山の島民から、「徳之島に基地はいらない」との声が上がった。

しかし、徳之島で私の知り合いの中にも一部の賛成派がいるのは事実です。

そのほとんどの人が移設に伴う振興策が期待している。

現在、全国的に景気は厳しい。

しかし、経済振興策として米軍基地を誘致したいという地域が他にあるでしょうか?

離島というハンデは余りにも大きく、それほど徳之島経済は極めて厳しい状況にあるのだ。

にもかかわらず、鳩山政権は奄美振興予算を-29%、83億円も削減した。

その影響で島の経済は更に疲弊し、倒産や失業、島から離れる人が増えるのは避けられない。

そして今度は、振興策を匂わして基地移設をしようとする。

鳩山政権のそんな懐柔をするようなやり方に、ほとんどの島民が強い憤りを感じている。


ルーピーは徳田議員の父上である虎雄氏に基地誘致協力依頼の会談を申し入れて断られ、見舞い名目で見舞い品も持たずに訪れた挙句基地の話を出して拒否されているからな。


  アメリカ軍普天間基地移設問題 5月4日に沖縄を訪問する鳩山首相の詳細が明らかに (FNN)

FNNは29日朝、28日に鳩山首相が最初に仁義を切った徳之島出身の徳田虎雄元衆院議員にインタビューを行った。
闘病のため、声が出せない徳田氏は、目の動きで伝えた。
記者が「鳩山首相の対応を、どのように感じますか?」と尋ねると、徳田氏は「鳩山首相のおっしゃっていることは正論ですが、短期間でその正論を実行するのには無理があると思います」と答えた。
「基地の受け入れは無理」と、表明した徳田氏。


一国の首相が見舞いに訪れるのに手ブラとか、目しか動かせないような重病患者に見舞いを装って断られた会談を切り出すとか、常識ではまず考えられないだろ。
虎雄氏はそんな傍若無人なルーピーに対して遥かに大人な対応だな。さすが人の上に立つに足る器だよね。

長崎の件といい子ども手当てといい、「地方分権」の公約を掲げながら、結局はアメとムチで利権を民主党に架け替える、都合の悪いことは地方に丸投げする、そうして押し付けた責任は取らずただ謝って終わり、というのがこの与党の実情だ。
  1. 2010/04/30(金) 00:23:49|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


TBSに法則発動w>> | ホーム | <<規制注意

コメント

海上に杭を打ってとか言ってたけど、
海上なので、沖縄県ではない
→県外とかいう理屈を言わないよ・・・ね。
  1. 2010/04/30(金) 09:34:36 |
  2. URL |
  3. 白丁花 #-
  4. [ 編集]

>>白丁花 さん
沖縄を米国に再占領してもらえば「国外」になりますよねw
ちなみに杭打ち桟橋方式は埋め立て方式と較べて、
・工費が高い
・維持費が高い(年3億円とか)
・爆撃で橋部が、あるいは魚雷で杭部が破壊されると即使用不能になり改修に時間がかかる。

といいこと無しだそうです。過去すでに日米で協議して却下された案だけのことはありますね。
とうとうルーピーは、
「沖縄県民も徳之島の方も納得できる方法に。約束はしっかり守れなくても、決断は無理でも方向性は指し示したい」
とか言い出したようですしw。どこまで逃げ回るつもりなんでしょうね。
http://newsde2tanhanrou.seesaa.net/article/148346833.html
  1. 2010/04/30(金) 21:18:24 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3823-ff49453d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。