QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口蹄疫についていろいろ

今日一日Twitterで眺めてて思ったこととかをまとめてみる。

 
1.何故宮崎以外のマスコミが報道しないのか。

下記のテレビ宮崎のサイトを見れば宮崎では口蹄疫についていろいろと報道しているのがわかるが、(オレは基本的にあまりテレビを見ないというのはあるにしても)在京のテレビ局ではほとんど報道を見ない。

 UKKテレビ宮崎公式サイト

Twitter上では一部、政府が報道管制をしているという噂が流布しており、オレは裏を取ったという一人に訊いてみた。

先日もツイートしましたが、総務省ラインからの圧力です RT @oni1040: 友愛フラグ?(( ;゚Д゚)) RT @higashitiji: 報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。 #kouteieki

だって裏取ったもん。犬でもキー局でも現場にストップかかってる RT @J_Agent: 知事自らが報道規制の可能性に言及した。もはや、政権の圧力は疑いようがない。 RT @higashitiji: 報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。

@FumiHawk ソースがあるのなら出せる範囲で提示して欲しい。でなければデマと言われても反論できない。 RT だって裏取ったもん。犬でもキー局でも現場にストップかかってる RT @J_Agent: 知事自らが報道規制の可能性に言及した。

@zakmustang ウチが実地調査した結果です。公的な一番のソースは東国原知事の発言と「NHKが報道しないこと」でしょう。過去の口蹄疫報道でも、NHKはしっかり報道していましたが今回はほぼ無視です。

@FumiHawk その実地調査結果は多分外に出せるような性格のものではないのでしょうけど、公的ソースが状況証拠だけで断定的に語ってしまうのはいろいろと危ういのでは。事実としても説得力が「マスコミの民主党擁護=電通の仕業」と同じレベルに落ちてしまう危険がある。

@zakmustang 仰ることはわかりますが・・・ウチはあくまで情報調査分析等が仕事なだけで、マスコミではありませんので。マスコミなら「関係者によると」だけでソースになってしまうんですがねぇ。

@FumiHawk それはわかります。危惧しているのは説得力を置き去りにしたことによって「デマ」として括られてしまうことです。オレも報道規制を疑っている一人ですから。情報源秘匿を考えると検証の難しい問題なので仕方が無い面もありますけど。


非公開ソースなのでこれでは噂話の域を出ないけども、裏取りをしている人もいるということで。
また、原口総務大臣と某ついったらーとの間で下記のようなやりとりがあった。

@kharaguchi おはようございます。ところで大臣、ネット上でも広がっていますが口蹄疫の政府対応は後手後手ではないですか?しかも農水大臣が優雅に外遊していたことをどうお考えですか?

@redmaximum  ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください。


>後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。
口蹄疫の政府対応を問われて自分はすぐ指示をしているという原口大臣。
彼の所管から言えば指示を出したのはマスコミ関係と思われるが、「風評被害を防ぐために」「なんらかの」指示を出したのは確からしい。

状況証拠しか無いけども、その後のマスコミの動きを見るとやはりなんらかの規制がかかっているということなのかなあ、と思うしかないような気がする。

確かに感染の拡散を防ぐために「取材」は規制されるべきだと思うけど、風評被害を防ぐためには正しい知識を周知するための「報道」はむしろ欠かせないと思うのだけどな。
これで明日から「現地に乗り込む赤松農水相」的な感じで大々的に報道しはじめたら引くわ。


2.発生後の政府の対応について

農水省は発生後4月20日に対策本部を設置している。


  防疫対策本部の設置について(農水省プレスリリース)

○本日、宮崎県の農場の飼養牛に、家畜伝染病である口蹄疫の疑似患畜が確認されました。このため、本日、農林水産省に口蹄疫防疫対策本部を設置しました。

○なお、当該農場は、感染が疑われるとの報告があった時点から飼養牛の移動を自粛しています。口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。

○現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。


これに対し宮崎県選出の江藤拓議員は委員会で「現地に作らなければ意味がない」と批判している。

  

上の動画で江藤拓議員は、緊急事態である、と政府にさらなる対応を強く訴えた。

さらに、4月28日には国連の専門機関の一つである国際連合食糧農業機関(FAO)が日本と韓国での口蹄疫の感染拡大に対し監視の強化を警告する声明が出された。海外でも事態を重く見ている、ということだ。
口蹄疫は人媒介もあるので、感染が深刻化した場合国家間の人の移動が制限される。そうなれば最悪の場合事実上の鎖国状態になる。

  FAO warns of increased foot-and-mouth threats(FAO公式サイト)
  (FAOは口蹄疫の脅威を警告します)

Japan, South Korea suffer outbreaks
(アウトブレイクに苦しむ日本と韓国)

28 April 2010, Rome - FAO today urged heightened international surveillance against foot-and-mouth disease (FMD) following three recent incursions in Japan and South Korea.
(4月28日ローマ:本日、FAOは、日本と韓国での最近の3つの感染の後、口蹄疫(FMD)に対して国際的な監視を強めるよう勧告しました。 )


この時点で事態を把握していたはずの赤松農水大臣は自民党口蹄疫対策本部からの対策要請の対応予定をるーぴー総理とともに当日ドタキャンし、さっさと中米に外遊に出かけてしまった。
ちなみに外遊中の農水相臨時代理担当は少子化担当大臣の福島みずぽ
案の定22日の時点で4例だった感染は以後2週間で40例を超え、感染拡大はとどまるところを知らない。

  今回の口蹄疫による牛豚の殺処分数の推移

豚は牛に較べて感染後のウィルスの放出量が多いため爆発的に感染する。
政府が対策を徹底しなかったツケは7日の時点で殺処分数約6万頭という結果に現れた。
すでに消毒薬が枯渇しかけているという報道もある。


  口蹄疫の消毒薬が不足 九州各地で輸入待ち(asahi.com)

宮崎県で発生した口蹄疫(こうていえき)の感染拡大の防止に使う消毒薬が九州各県で不足している。大分県は消毒薬1トンを購入しようとしたが、宮崎、鹿児島、熊本も必要としているため品切れとなり、250キロしか確保できていない。専門家は、発生に備えて普段から十分な消毒薬の備蓄をする必要があると指摘している。

 口蹄疫のウイルスは酸やアルカリに弱く、消毒には塩素系の消毒薬や炭酸ソーダ、消石灰などが用いられている。

 大分県によると、発注した消毒液はヨーロッパからの輸入品のためすぐには手に入らない。その上、輸入会社が家畜の数で優先順位を割り当てているため、宮崎、鹿児島、熊本が優先され、その次の順になっているという。



このペースのまま等比級数的に感染が拡大すれば半月で100万頭、一ヶ月足らずで500万頭以上に達する。
ちなみに平成20年の統計(xlsファイル注意)によれば宮崎県で飼育される牛豚の総数が約121万頭、九州全域で4560万頭だ。それは九州の畜産業の崩壊を意味している。
「政治主導」を掲げる民主党にあって、この失態を官僚のせいにすることは出来ないだろう。

で、昨日外遊帰国した赤松農水相の行動はというと、


  口蹄疫よりも後援会を優先した赤松広隆大臣 (日出する処の天子)

先日の5月8日、今、宮崎で口蹄疫による問題を放置してきた赤松大臣がなんと、地元の近くにやってくると言う事で参加してきました。

赤松大臣はここの選挙区である民主党の富岡よしただ議員の後援会が発足される為、その祝辞に来賓したとの事で、帰国当日もあってか、赤松大臣は遅れてきました。
その赤松大臣登場で司会者がなんと「この後援会の為に便を早めて帰国後直接ここ(佐野)に来てくださいました。」と言ったのです。

さすがに驚愕しました。この時点で牛、豚等あわせて6万頭弱もの被害が出てるにも関わらずなぜこんなのんきな事を言うのかと、また赤松大臣も調子のって、「富岡議員の後援会発足した聞いて飛んでここに参りました」と言い、始めは話題になってるのを知ってか、「今、口蹄疫でこれから農水省に戻らなければならないんですが」と口蹄疫の事はこれだけで、そのあとは個別所得保障に始まり、自分がヨーロッパのマグロ漁禁輸をアフリカ諸国に多数派工作して阻止する事ができたと自慢話の様に話、次は6月に行なわれる捕鯨に挑みますと、どこまで能天気な事をいうのかと呆れてしまいました。


便を早めて帰国したかと思うと、民主党議員の講演会に行ってしまったらしい。危機感のかけらもないな。
ちなみに今日日曜日の予定はどうかというと「空白」。きっちり休んでいるらしい。

さすがに不味いと思ったのか、明日月曜日からの秋田出張の予定を変更して宮崎に向かうようだ。
それについて前出の江藤拓議員の反応。


  怒り(江藤拓公式ブログ)

赤松大臣が来県。
今頃ノコノコと!との思いが強いものの、現場では厳しい非難を浴びても、それを受け止めるのが最低限の責務ですから、当然の事と思いました。

ところが、昨夜遅くに日程を受け取って愕然としました!

また県庁!
ホテルで意見交換!
関係者は宮崎市まで集合!要望なら一昨日小沢幹事長に渡してあります!


今頃になってなんだ!との思いはあっても、尾鈴農協の各部会長は怒りを抑えて、直接窮状を訴えたいと言っていました。

怒りが憎しみに変わるのを今、尾鈴農協で感じています。


>要望なら一昨日小沢幹事長に渡してあります!
そりゃそうだ。
赤松は要請された現地視察を断わったらしいので尚更だろう。つまり話だけ聞いて帰るということだ。
多忙を極める現場で役立たずにうろちょろされてもそれはそれで困るだろうけどな。

ちなみにこの小沢の訪問について民主党公式サイトの記述はこんな感じ。


  小沢幹事長、口蹄疫対策で各関係者代表者らから要望を受ける 宮崎県で (民主党公式サイト)

小沢一郎幹事長は7日午後、訪問先の宮崎市で、宮崎県内で発生した口蹄疫への対策に関する要望を、宮崎県知事、市町村会など関係者の代表らから受け、民主党として政府に強く要望していくと応えた。

 はじめに東国原英夫知事と会談した小沢幹事長は、東国原知事より「口蹄疫が発生中ということで、畜産市場が止まっている。そのため、出荷できない畜産の飼料代、感染を防ぐための消毒費などが嵩んでおり、畜産農家からは、今後の生活について不安の声が上がっている」などの意見が出され、経営や生活の安定対策や、防疫対策などにきめ
細かい支援策をお願いしたいとの要望書を手渡された。


これだけの事態に対応するのは国として与党として当然のこと。小沢個人の手柄みたいな記述は・・・まあいつもの通りか。「大変大きな県の課題」とか言いやがったくせにな。

現地の反応は、

  「あんな鳴き声初めて」 処分作業農家ら叫び悲痛 (宮崎日日新聞)

「ついにうちでも」「一般車両も消毒を受けて」。口蹄疫の感染疑いが確認された農場の約9割が集中する川南町で“見えない敵”との戦いに神経をすり減らす畜産農家らが8日、宮崎日日新聞社の電話取材に応じ、感染への恐怖や殺処分の精神的苦痛を口々に訴えた。

 そうした声の一方で、外遊から帰国後、10日の来県を決めた赤松広隆農林水産相には「今更どんな顔で来るのか」と怒りの声も上がった。

 「注射を打たれた豚は鳴くんです。あんな鳴き声を聞くのは初めてで、胸が詰まった」。感染疑いの豚が確認された養豚農場に勤める30代男性は、殺処分の様子を切々と語った。今も畜舎の防疫作業は続くが、「(何も生み出さない仕事を続けるのは)むなしい」と話す。

 別の養豚農場では埋却場所の選定が遅れ、殺処分が始まっていない。補償を受けるには1頭ずつ評価を受ける必要があり、それまでは豚を生かし続けなければいけない。30代経営者男性は「処分されると分かって飼い続けている。今は餌を食べられるだけ食べさせてあげたい。味わったことのない気持ちだ」とつぶやいた。


そりゃそうだよな。手塩にかけて育ててきた牛豚を殺すんだぜその場で(ウィルスの拡散防止のため移動できないので)。
どれだけ無念だか。

ちなみに今TBSの夕方のニュースを背中で聞きながらこれ書いてたんだが、相変わらず口蹄疫のコの字も無かった。


関連エントリ:
いま、少しでもできること。
口蹄疫さらに拡大中
国産肉がヤバイ
  1. 2010/05/09(日) 18:05:02|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9
以下、広告です。
 


はやぶさ、宇宙開発史上トップ7選出おめでとう!>> | ホーム | <<今日の赤松

コメント

なんなんでしょうね対応の不味さは
民主党には実は日本人が一人もいないんじゃないかとさえ疑いそうです

ぶっちゃけ報道規制はどうでもいいんです
消毒薬の手配や検疫、感染した家畜の速やかな殺処分、損害補償などを迅速に行なってくれていればね
事後報告的に口蹄疫が発生したけど初期段階で対処出来ましたとかでも良かった
後は適当な頻度で、人には感染しない、食べても問題無いくらいのことを言ってくれればいい

既に半分以上の県に広まって5万頭以上とかなんだけど、どうすんだろ
もしかして九州は日本じゃないとか、辺境程度の認識なのかな
  1. 2010/05/09(日) 21:14:54 |
  2. URL |
  3. ラット #-
  4. [ 編集]

だってしょうがないですよ、石原都知事が言うように、朝鮮人(元?)が山ほど政界にいるんですから、彼らの衛生観念でやっているから、こうなるんですよ、

映画『血と骨』の中でも、ビートたけし(主役)が蛆の湧いた生肉食ってましたし、彼らにとっては斃死した動物の肉でも問題ないんだろうし、

日本人が朝鮮人化してきているんでしょうね、
  1. 2010/05/10(月) 01:00:37 |
  2. URL |
  3. メロンジュース #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>> ラット さん
オレも明らかに政府の怠慢による人災だと思います。
報道規制かどうかは明日からのマスコミの態度でわかると思っていますが。

>半分以上の県に広まって
まだ発見されているのは宮崎県だけです。川南町とえびの市だけですね。
潜在的にどうか、というのは心配なところですが。
ここで何とかくいとめてくれれば、と思いますが、現在でも10年前(殺処分700頭余、35億円)のすでに100倍の規模に達してますので、損害はかなりのものでしょう。ただでさえ不景気なのに。


>> メロンジュース さん
なんでもかんでも朝鮮人のせいにするのは、なんでもかんでも在日認定する朝鮮人と同じぐらいバカに見えるのでやめたほうがいいですよ。
そもそも口蹄疫の感染牛豚の肉は市場に出回らないし、仮に口にしても感染しません。
そういう態度がデマを蔓延させるのではないですか?
  1. 2010/05/10(月) 02:05:12 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

こんな噂もあるですよ。

口蹄疫の問題が報道されない件について(ニートな2ちゃんねらー日記さん)
http://2nnlove.dtiblog.com/blog-entry-1870.html

どっちにしろ人災ですか('A`)・・・
  1. 2010/05/10(月) 02:46:26 |
  2. URL |
  3. カラカル #EGTCt1XI
  4. [ 編集]

>>カラカルさん
「安xx牧場説」はTwitterでも書きましたけどどうなんでしょうね?
隠蔽のせいで感染が拡大すれば規模の大きい自分の牧場がむしろ被害を被るわけですから。会社が傾いたらそれこそ出資者たちが困ると思うのですけど、そこまでバカなんでしょうかね?口蹄疫を甘くみていたんでしょうか?
ただし、なぜ主感染地の川南町からポツンと離れたえびの市に飛び越えて感染が発生したかというのは不思議な点ではあります。
  1. 2010/05/10(月) 10:17:22 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

>>そこまでバカなんでしょうかね?

そうですね。

僕も普天間をこじらせた馬鹿を見るまではそう思うと思います( ゚ _、゚)

その馬鹿に匹敵する馬鹿・・・
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1273466228/
(: ゚ _、゚)

もう勘弁してくれんかなあ;;
  1. 2010/05/10(月) 20:14:24 |
  2. URL |
  3. カラカル #EGTCt1XI
  4. [ 編集]

>> カラカル さん
赤松って民団から金もらってる元社会党のパチンコ族ですからね。
日本人の生活なんて眼中にないのでしょう。
まあ愛知五区の有権者の民度の成果なんですけどね。
  1. 2010/05/10(月) 23:43:59 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

>なんでもかんでも朝鮮人のせいにするのは、

既にご存知とは思いますが、
何でもかんでもと言うわけではなく・・・・・口蹄疫は今回が初めと言う訳でもなく・・・・・(おろおろ)

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819595E2EBE2E2E38DE2EBE2E7E0E2E3E286989FE2E2E2;at=ALL

http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051001000234.html

>そもそも口蹄疫の感染牛豚の肉は市場に出回らないし、

ソース無いけど、口蹄疫発生中の韓国から輸入解禁されていたそうですが、(真偽は不明)(http://d.hatena.ne.jp/ohira-y/20100506/1273118670

>仮に口にしても感染しません。

まれにだそうですが、

http://wpedia.mobile.goo.ne.jp/wiki/359519/%8C%FB%92%FB%89u/2/?guid=ON

  1. 2010/05/11(火) 06:54:00 |
  2. URL |
  3. メロンジュース #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>> メロンジュース さん
情報ありがとうございます。

>何でもかんでもと言うわけではなく・・・・・口蹄疫は今回が初めと言う訳でもなく・・・・・(おろおろ)
そういう批判を招きやすい、ということです。
冷静にピンポイントに指摘していきましょう。必要なのは説得力であり、批判者にわざわざ攻めどころを与える必要はありませんから。

>口蹄疫発生中の韓国から輸入解禁されていた
昨年の9月の話ですね。時系列的には、9年ぶりに民主党政権が輸入解禁→翌年1月に韓国で口蹄疫再発生が発覚、という流れですから口蹄疫発生中に輸入解禁されたわけではないです。
当初発生源の牧場が発生を隠蔽して出荷を続けていたらしい(未確認情報)ですから、日本に全く入ってきていないとは言い切れないですが。

>まれにだそうですが、
イギリスの記録は100年以上前の記録であり手足口病と混同されている可能性も指摘されているようです。
ともあれ世界で100年以上の期間で数人しか記録がない、というのは本当にレアですよね。
インフルエンザ同様ウィルス性の疾患ですから、ウィルスの変異によって人に感染する可能性が全くないとは本質的に言えませんが。
  1. 2010/05/11(火) 09:58:45 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3837-70fdf385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

口蹄疫

宮崎県の口蹄疫について宮崎県で家畜の伝染病である口蹄疫が発生し、感染拡大を防.... 宮崎県の口蹄疫について宮崎県で家畜の伝染病である口蹄疫が発生し、感染拡大を防ぐ努力が行われていますが、ここぞとばかりに『不確定・真偽不明の情報で民主党叩き』が行われている
  1. 2010/05/09(日) 19:52:56 |
  2. どこよりも早い!ニュース速報!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。