QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の口蹄疫情報 - マスコミ編 -

今日から(特にテレビで)かなり報道が大々的になってきたんだけど、

  「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し (YOMIURI ONLINE)

 

 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら発生を見逃していたことがわかった。

 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡があったのは3月31日。

 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。

 この水牛農家から南東に600メートル離れた繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、20日に「最初の感染事例」として発表した。このため最初の水牛についても22日に血液の遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に口蹄疫の感染疑いが判明したが、この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には拡散防止対策がとれたとみられる。


どうやらマスコミは獣医と県の見逃しが悪い、という論調で行くことに決めたらしい。テレビも同じような論調。
これも赤松のお願いの成果かな。
下痢や発熱で100年に2度しか出てない口蹄疫を疑うなんて、子供の下痢や発熱でペストを疑うようなもんなんだが。
そんな医者いるのか?ある程度経過を見て判断するのが普通の反応。
しかも口蹄疫は5~9日程度の潜伏期間があるわけでそれらを考慮すれば獣医を責めることはできないだろう。
ちなみに未確認情報ではあるけれども水牛は普通の牛よりも症状が判別しにくいらしい。
奈良の大淀病院報道と同じ臭いを感じるわ。あれは毎日だったけど、毎日も今回同じ論調で書いている。

口蹄疫殺処分数

これは殺処分数の推移をグラフにしたもの。感染は等比級数的に増えるのでオレは100万頭クラスの感染を恐れたのだけど今のところ11万頭で済んでいる。まだ。
このグラフを見ると5/3を境に爆発的に頭数が増えているのがわかる。原因は豚への感染の本格化なんだけど、潜伏期を考えて、農水省に本部が設置されたという20日から数日間(最初に江藤拓議員が農水委で国の支援を訴えた頃)に集中的に押さえ込めばここまで酷くならなかったんじゃないかと思う。

この時期に政府はFAX一枚送らずに何やってたかって話だ。しかも3月下旬から怪しかったという情報はこの時点で入っているわけだから潜在的な感染対象は確実に拡がっていると想定できたはず。4月中の対応がキモだったのに。
県はこの頃すでに持てる人員で消毒に動いていたわけで、これはどう見ても大規模な感染防止対策を採らなかった政府の失策だろう。

実際、昨日設置された政府の現地対策本部に対する知事の本日のツイートがそれを物語っている。

国への 具体的な要望は、何度もさせて頂いているので、それに対する具体的な回答を頂けるものだと思う。- higashitiji


「具体的な回答を頂ける」
この言葉を逆に解釈すれば、国は県の度重なる要請に対してこれまで具体的な支援を行っていなかった、ということになる。


  そんな中、産経はメディア中唯一赤松叩きに動き出したようだ。


  【口蹄疫】やっと対策本部 危機感欠如の政府に批判 (MSN産経ニュース)

 首相は今回、赤松広隆農水相がトップの同省対策本部では対応できない事態と判断し、自ら指揮を執る選択をした。背景には、被害拡大の中、現地からの悲鳴をよそに外遊や政治活動を優先した赤松氏への批判の高まりもあるとみられる。

 赤松氏は4月20日に感染が確認されていたにもかかわらず、30日から9日間、中南米を訪問した。この間、殺処分対象の牛と豚は4369頭から一気に14倍以上の6万2426頭に跳ね上がった。しかし、5月8日に帰国した赤松氏が真っ先に向かったのは栃木県。民主党衆院議員の後援会会合出席のためだった。

 赤松氏がやっと宮崎県を訪れたのは10日になってから。鳩山首相は「必要以上にさまざまな風評が立つと、農家の方が困る」と、対応の遅れを釈明したが、すでに感染は拡大しており、風評被害を気にする段階は過ぎていた。赤松氏は17日昼、首相との会談後も記者団に「対応が遅れたとは思っていない」と自己正当化を試みた。


今回政府に対して厳しい切り口で書いてるのはオレが見た限り産経だけ。
しかも赤松の外遊後の選挙応援に触れたのって大手紙では産経が初めてじゃね?さすが下野なう新聞w
  1. 2010/05/18(火) 22:43:46|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


今日の口蹄疫情報 - 政府編 ->> | ホーム | <<とうとう全頭殺処分か。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3847-b337a598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。