QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ようやく特措法

数日前から英語ソースが出てた、政府がFAO(国連食糧農業機関)から口蹄疫蔓延防止を強く求められた件、専門家チームの派遣を政府が断わった件の日本語ソースが出てた。誰かが訳すの待ってたんだけど、ちょうどいいや。

  “口てい疫 封じ込め徹底を”(NHKニュース)

 

宮崎県で拡大している口てい疫の感染について、FAO=国連食糧農業機関の専門家は、感染がほかの国にも広がらないよう、重大な関心を寄せていることを明らかにするとともに、日本政府に対し感染を封じ込めるため対策を徹底するよう求めました。

ローマに本部があるFAOで家畜の感染症対策に当たっているルブロス主席獣医官は25日、訪問先のパリでNHKのインタビューに応じました。この中でルブロス主席獣医官は、宮崎県内で口てい疫の感染が拡大している事態について「世界的にみても過去10年間では最大規模の発生となっている」と述べ、感染がほかの国にも広がっていかないよう、国連としても重大な関心を寄せていることを明らかにしました。そのうえで日本政府に対して、感染を封じ込めるため、宮崎県内だけでなく全国規模で対策を徹底するよう求めました。さらにルブロス主席獣医官は、「国連として日本に対し専門的な支援を行いたい」と述べ、日本政府から要請があれば助言のために国際的な専門家を派遣する考えを示しました。これについて農林水産省の担当者は、NHKの取材に対し、「今は日本としても感染対策を懸命に行っているところであり、今後、必要であれば受け入れを検討したい」と述べ、FAOに対し、現段階では専門家を受け入れる考えはないと伝えたことを明らかにしています。


民主党的には、海外から専門家に来られて、テメエラの無能さが暴露されるのを恐れてるんだろうな。
阪神淡路大震災の際に海外からの救助隊派遣の申し出を断わった村山内閣を思い出すわ。

さっき新幹線の中で見たんだけどやっと特措法案が可決したんだってな。


  口蹄疫対策特別措置法のポイント(概要)(たまき雄一郎の挑戦記 世界の中心で政策をさけぶ)

以下に、本法案のポイントを掲げます。なお、本法案施行に要する経費として、約1000億円を見込んでいます。

■口蹄疫対策特別措置法(概要)■

・都道府県知事は、やむを得ない必要があるときは、指定区域内における家畜の所有者に、殺処分すべきことを勧告することができる。

・家畜の所有者が、上記勧告に従わないときは、都道府県知事は、家畜防疫員に、当該家畜を殺処分させることができる。

・都道府県知事は、勧告に従って自ら家畜を殺処分したことで生じた損失を、その所有者に対して補てんしなければならない。

・都道府県知事は、殺処分されたことで生じた損失を、その所有者に対して補償しなければならない。

・国は、上記の補てん金または補償金について、所有者からの請求を待たずに仮払により交付するものとする。

・農林水産大臣は、口蹄疫のまん延のおそれがあるときは、都道府県知事に対して、消毒、埋却等を指示することができる。

・農林水産大臣は、都道府県知事が上記の指示に従わないときは、自ら必要な措置を実施することができる。


・農林水産大臣は、都道府県知事が指示に従わないときには、家畜防疫官にワクチン注射を行わせることができる。

・国は、殺処分に係る手当金の交付ほか、必要な財政上の措置を講じる。

・国は、埋却に要する費用について、所有者が実質的に負担する部分を生じるさせることのないよう、必要な措置を講じる。

・国は、県が負担する獣医師の雇入れ等の費用について、県が実質的に負担する部分を生じさせることのないよう、必要な措置を講じる。

・国は、消毒を行った者が負担する消毒の費用について、実質的に負担する部分を生じさせることのないよう、必要な措置を講じる。

・国は、都道府県知事が行う消毒、埋却に係る費用、殺処分を行った家畜の所有者に対する補てん金および補償金に必要な費用の全部または一部を負担する。
※この法律の施行前に、国または県の要請に従い、自ら殺処分した農家に対しても適用される。


・国は、口蹄疫感染の有無を判断する検査の円滑で迅速な実施に必要な措置を講じるものとする。

国および県は、口蹄疫まん延防止の措置を講じるに当たっては、できる限り関係者の意向を十分尊重するなど、適切な配慮を行う。


確か2年間の時限立法だったと思ったけど。
県が主体となって措置を行う従来の家伝法に国の役割を新たに明記したって感じか。
オレンジにした部分は、対策において所有者や県に負担をかけない点が明記されたわけで評価できる。
赤字にした部分は、実質「赤松口蹄疫」の反省に立った項目と感じるな。
指示しない、措置を講じない、関係者に配慮しない、グダグダと屁理屈こねて責任転嫁する無責任な大臣がいるから書いとこうぜ的な。
  1. 2010/05/26(水) 23:55:24|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


口蹄疫関係いくつか>> | ホーム | <<公約破りが公約を守ろうとする閣僚を辞めさせる内閣

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3853-f25a7072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。