QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえずめでたい

めでたい連中だぜ。

  【鳩山辞任】 鳥越俊太郎ら 「一世一代の名演説」「参院選のため戦略的に辞めるんじゃない、政治の芸術。有権者も納得だ」(にゅーすde2ちゃん反応☆)

 

・鳩山首相の退陣演説を聞いたスーパーモーニング出演陣のやり取り。

赤江珠緒アナ 「この演説は、私は大変お見事で、力のある演説だったと思います。悲痛な思いがこめられていた」

鳥越俊太郎 「おそらく鳩山さんの政治家としての一世一代の名演説だったと思う。政権交代で何が起きたのかをきちっと述べ、2つの問題『普天間』『政治とカネ』を述べ、幹事長に「一緒に退いてもらえますか」と迫ったと」「わかったのは、鳩山さんから小沢さんに声をかけたということ。僕らは逆かと思ってた」

田畑 「機能のグーサインはそういう意味だったと」

赤江アナ 「そこまでは全く私たちも見抜けていなかったですね。そういう思いで会見されていたんですね」

田畑 「鳩山さんは自民党時代にユートピア政治研究会に入っていた。この人、いま、理想の政治を語りました。やっぱり理想の政治を目指してきた人なんです。自分と小沢さんが辞めることで、もう一度民主党が原点に立ち返って欲しいというメッセージ。久々に心の中からほとばしるメッセージを聞いた気がします

鳥越 「実際、ペーパーなしで」

三反園 「今日はなにか違う鳩山さんを見た感じがしますね。本当に素直な正直な

赤江アナ 「不思議なもので、言葉ってのは 心の奥底から出てくるものは伝わりますね
(中継挟む)

田畑 「お二人、あうんの呼吸だろうと思いますね。先ほど三反園さんからも『今週は政治の芸術が見られるよ』と。これは小沢さんから辞任を迫られて辞めたという構図でなく、鳩山さんが小沢さんに辞任を迫ったということでしたけれど、あうんの呼吸だろうと」「背景にはいろいろな事情があったと思います。国会が立ち行かないこと、参議院からの悲痛な叫びなどいろいろあったんですが、それを全部引き受けて、自分の辞任により事態打開を図ったと」

三反園 「鳩山さんは、『総理は孤独」だ』『最後は自分で判断したい』といつも言っていた。たぶん小沢さんとの間で、「最後は2人で身を引こうな」とタイミングを計っていたと思う。最後は芸術的な終わり方、これがそうだったのかなと

鳥越俊太郎 「『自分の身を殺して、全体を生かす』という発想は日本人の文化としてある。そういう形を取られた。そういう意味で芸術的だと。いろんな意味でこれまでマイナス・ネガティブなことがいっぱいあったが、それをいっぺんにひっくり返してプラスに変えるという発想なんですね、これは。
 おそらく、これを聞いた有権者の皆さんも、すんなり受け入れられたんじゃないかと思う」「参院選のためだけに戦術的に辞めるとかいうんじゃなく、普天間・政治とカネなど、やっぱり自分たちに非があると。この問題を先に一歩進めるためには自分たちが身を引くことで前進させようというお気持ち」


これが信仰心というものか。言ってて恥ずかしくないのかお前らw
まあ言ってた本人からして自画自賛だからな。


  【首相辞任】鳩山氏が辞任表明を「ベストスピーチ」と“自画自賛”(MSN産経ニュース)

 鳩山首相の辞任表明後、閣僚の一人が「いいスピーチでした」と話すと、別の閣僚が「ベストスピーチでした」と応じ、「ベストは更新される」というやりとりがあったことを明かした。


で肝心のそのスピーチ全文がこれ。


  鳩山首相の発言全文 (47News)

お集まりのみなさんありがとうございます。そして国民の皆さんありがとうございました。昨年の暑い夏の戦いの結果、日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の判断は決して間違っていなかった。若く素晴らしい国会議員がすくすくと育ち、国会の中で活動を続けています。国民の判断のおかげであります。

 政権交代によって国民の皆さんの暮らしが必ず良くなるとの確信の下で、皆さんにお選びいただき、首相として今日までまいりました。皆さん方と協力して「日本の歴史を変えよう。官僚任せの政治ではなく、政治主導、国民が主役になる政治をつくろう」と思いながら今日まで頑張ってきたつもりであります。

 今日お集まりの国会議員と一緒に、国民のために予算をつくれたことを誇りに思っています。子ども手当、高校無償化も始まっています。子どもにやさしい、未来に魅力ある日本に変えていこう。決して間違っていないと確信をしています。産業を活性化しなくてはいけない。特に1次産業が厳しい。農業の戸別所得補償制度がスタートしています。1次産業が2次産業、3次産業とあわせて再生する日も近いと確信しています。

 さまざまな変化が国民の暮らしに起きています。水俣病もそうです。医療崩壊が始まっている地域をなんとかしないといけない。医療費をわずかですが増やすことができたのも国民の意思だと思っています。

 残念なことに、私たち政権与党の姿が国民の心に映っていません。徐々に聞く耳を持たなくなってしまった。そのことは残念でならないし、不徳の致すところと思っています。その原因を二つだけ申し上げます。

 一つは普天間(飛行場移設)の問題でしょう。徳之島の皆さんにもご迷惑をお掛けしております。ただ、本当に沖縄の外に米軍基地をできる限り移すため努力しないといけない。沖縄の中に基地を求めることがあたりまえではないだろうと、半年間努力してまいりましたが、結果として、できませんでした。これからも県外に移すよう努力することは言うまでもありませんが、一方で北朝鮮が韓国の哨戒艦を沈没させる事案が起きています。

 日米の信頼関係を保つことが東アジアの平和のために不可欠との思いで、残念ながら沖縄に負担をお願いせざるを得なくなりました。沖縄の皆さんにもご迷惑をお掛けしています。

 社民党さんに政権離脱という厳しい思いをさせたことが残念でなりません。国民新党とともに一緒に今まで仕事をさせていただいた。これからもできる限りの協力をと、申し上げたい。さらに沖縄の皆さんにも、できる限り県外に米軍基地を少しずつでも移すことができるよう、新しい政権として努力していくことが大切だと思います。

 「社民党より日米を重視した。けしからん」との思いも分からないではありません。日米の信頼を何としても維持していかなければいけないという悲痛な思いを、ぜひご理解願いたいと思います。

 いつかは日本の平和を日本人自身でつくりあげていくときを、求めないといけない。米国に依存を続けて良いとは思いません。ここをぜひご理解いただき、鳩山の「少しでも県外に」との思いをご理解願えればと思います。その中に私は普天間問題の本質があると思っています。

 あなた方の時代に、日本の平和を日本人自身で見詰めることができる環境をつくることを、日米同盟の重要性は言うまでもありませんが、一方でも模索していきたい。

 社民党を政権離脱という厳しい道に追い込んでしまった厳しい責任は負わないといけない。

 いまひとつは「政治とカネ」の問題でした。自民党を飛び出し、さきがけ、さらには民主党をつくってきたのも「自民党政治ではダメだ。もっとお金にクリーンな政治をつくらねば」との思いでした。結果として自分自身の政治資金規正法違反の問題で大変なご迷惑をおかけしたことは申し訳ない。なぜクリーンであるはずの民主党の代表がこんな事件に巻き込まれるのかと、お怒りになったことと思います。そのような「政治とカネ」の問題に決別する民主党を取り戻したいと思っております。皆さんいかがでしょうか。

 私自身も、この職を引かせていただくことになりますが、小沢(一郎)幹事長にも政治資金規正法の議論があるのは周知のことと思います。先般、2度ほど幹事長ともご相談しながら「私も引きます。幹事長も恐縮ですが、幹事長の職を引いていただきたい。そのことによって新しい民主党、よりクリーンな民主党をつくりあげることができる」と申し上げました。幹事長も「分かった」と申されたのでございます。

 小林千代美議員にも責めを負っていただきたい。高い壇上から申し上げるのも恐縮ですが、クリーンな民主党に戻そうではありませんか。そのための努力を皆さんにお願いします。

 そうなれば必ず、国民の皆さんがまた民主党に対して聞く耳を持ってくれる。国民の皆さんの声が通る新しい政権に生まれ変わると。

 しばしば宇宙人だと言われております。勝手に解釈すれば、今から5年、10年、20年先の姿を国民に申し上げている姿が、そう映っているのではないかと思います。

 例えば地域主権。原口(一博総務)大臣が先頭を切って「国が上というのはおかしい。地方が主役になる日本にならなきゃならない」と。国会議員や官僚が威張っていた中央集権の世の中に風穴があいた。一括交付金など大きな変化ができつつある。5年、10年たてば「こういうことだったのか」と分かってくれると。

 「新しい公共」もそうです。今までの仕事を「公」に開くことをやろうじゃありませんか。国民の皆さんが主役になる、そういう政治をつくりあげることができる。まだ「新しい公共」自体がなじみが薄くてよく分からないと思われているかもしれません。官僚独占ではなく、できるだけ民ができるように変えていく、そういう力を貸していただきたいと思います。

 東アジア共同体もそうです。必ずその時代がくるんです。国境を感じなくなる時代をつくっていく。

 新しい民主党の、新しい政権を皆さんでおつくりいただきたい。

 韓国の済州島に行って、ホテルの部屋の先にテラスがありました。テラスに1羽のヒヨドリが飛んでまいりました。わが家のヒヨドリが飛んできたと勝手に解釈して、この鳥も「早く自宅に戻ってこいよ」と招いているように感じたところであります。

 雨の日には雨の中を、風の日には風の中を自然に歩けるように、国民の未来を見詰めながら、対話の中で新しい時代をつかみ取っていこうではありませんか。

 そのことを申し上げながら、ふつつかな私ではありますが、8カ月余り先頭を立って歩ませてもらったことに感謝を申し上げ、国民の皆さんへのメッセージとさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。


>私たち政権与党の姿が国民の心に映っていません。徐々に聞く耳を持たなくなってしまった。
この期に及んでまだ国民のせいか。こいつ死ぬまで他人のせいなんだろうな。

>クリーンな民主党に戻そうではありませんか。
え?戻す?

>これからもできる限りの協力をと、申し上げたい。
相変わらず社民党舐められすぎw。赤松の不信任決議では反対に回ったし、相変わらず口だけ政党だってのは露呈してるし当然の結果けどな。

>少しでも県外に
「最低でも県外」だっただろ。この期に及んで発言修正してるんじゃねえよ。

>国が上というのはおかしい。地方が主役になる日本にならなきゃならない
子ども手当ての財源を地方に押し付けようとしたのはどこのどいつだっけ?

>できるだけ民ができるように変えていく
郵政もJALも再国営化しておいてよく言うわwwww


この共同の記事も全文といいつつ要約されてんだよね。
産経が本当の全文載せてるんだけど長いのでリンクだけしておくわ。やっぱ元の発言通りの方が面白い。


  【鳩山発言詳報】(1)「国民が聞く耳持たなくなった」(MSN産経ニュース)


しかし思ったより早かったな。もっとしがみつくと思ったけどさすがに参院選への影響を無視できなくなったか。政治より政局が大事な人たちだからな。
さていったい火中の栗は誰が拾うのかなー。こいつの跡目は宇宙人並の心臓じゃないと務まらんだろう。
まあ御輿が誰になっても変わりはないだろうけどな。小沢も幹事長は辞めるらしいが次は摂政にでもなる気か。

また菅、岡田、前原あたりのローテーション?田中真紀子?勘弁してくれ。


【追記】
どうやら辞めさせられたらしい。


  「解任動議通る」早朝電話で引導=自信の親指立てで情勢一変-小沢氏 (時事ドットコム)

 首相の座に固執する鳩山由紀夫首相。参院選前の退陣を迫る小沢一郎民主党幹事長。党内が息を詰めて見守る中、密室で展開した政権のトップ同士の暗闘は、1日夜の段階では、首相が逃げ切るかに見えた。一夜にして情勢を一変させたのは、首相の不用意なしぐさだった。
◇ 輿石氏ら参院に危機感
 「両院議員総会で代表解任動議を出せば通ってしまうよ」。2日早朝、小沢氏が電話でこう言って辞任の決断を促すと、首相は「分かりました」と答えるしかなかった。
 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題は迷走の末、自民党政権の計画をほぼ踏襲する形で移設先を閣議決定した。首相は自ら掲げた「5月末決着」も「最低でも県外」も守れず、社民党の連立離脱を招き、政権は危機を迎えた。小沢氏と気脈を通じる社民党幹部は5月31日、「首相は一両日中に退陣表明する」と宣言。小沢氏が首相交代に向け腹をくくったとの見方を示していた。
 鳩山内閣の支持率が2割を切り、選挙を目前に控える民主党参院議員の改選組は「このままでは参院選を戦えない」と悲鳴を上げた。小沢氏とともに首相の退陣を迫った輿石東参院議員会長も改選組の1人。危機感を強め、厳しい参院選情勢を首相に訴えた。
 しかし、首相は続投の意欲が強く、かたくなだった。5月31日、国会内で行われた小沢、輿石両氏との最初の3者会談で、首相は「中国の温家宝首相が来日中だ。もう少し待ってほしい」と8分で話を切り上げた。
 1日、2度目の会談は30分にわたったが、首相は続投の姿勢を崩さなかった。小沢、輿石両氏がぶぜんとした表情で出てきたのに対し、首相は「続投ですか」との記者団の問いに、笑みを浮かべ、勝ち誇ったかのように左手の親指を立てた。
◇「ちゃめっ気」が命取りに
 首相の姿をとらえた映像は1日夜、幾度となくテレビで流れ、首相秘書官の1人は「辞める気がないということだ。ちゃめっ気だ」と解説した。しかし党内の受け止めは冷ややかだった。「自分の進退問題なのだから神妙にするものだ。首相のやることじゃない」。首相続投もやむを得ないと、比較的冷静だった衆院側にも怒りと反発の声が広がり、首相の運命は暗転した。
 不人気を極めた麻生太郎前首相に対する自民党内の「麻生降ろし」が失敗した例が示すように、首相を辞めさせるのは並大抵のことではない。しかし、民主党内で首相に対する反感が広がったことで、小沢氏は「代表解任動議」という切り札を得た。党規約によると、両院議員総会は全議員の半数の出席で成立し、その過半数の賛成で党の意思決定がなされる。
 首相と話を付けた小沢氏は2日朝、8時ごろ党本部に入った。10分後には全議員に両院議員総会開催の案内がファクスで送付された。さらに、「欠席者は委任状を出すように」と電話で伝えられ、提出先は小沢氏側近の奥村展三党総務委員長と説明された。
 首相は2日夜、記者団に、小沢氏らに辞意を伝えたのは5月31日の3者会談と主張、「自分が身を引くのが国益につながる」と辞任はあくまで自身の判断と強調した。しかし、首相はこの会談の直後、「厳しい局面だが、3人で頑張ろうということになった」と説明。続投は「当然だ」とまで語っていた。首相の発言は最後の最後まで、猫の目のようにくるくると変わった。


そう簡単に辞めるタマではないと思ってたが、辞めさせられたなら合点が行く。
昨日のグーサインはフェイクではなかったということか。
小沢の方が現実見えてるからな。かつての「民主党に政権担当能力は無い」の一言だけは評価する。
わかってやってる分タチ悪いけどな。
  1. 2010/06/02(水) 23:15:26|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
以下、広告です。
 


CADをセットアップ>> | ホーム | <<祝!はやぶさTCM-3終了!

コメント

鳩が辞めても、次のことを考えると気を抜けませんね。
それとスーパーモーニングの面々は、頭に蛆でも湧いてるんじゃないかと。
電波浴は身体に悪いので、実際に目にしなくて良かったです。
  1. 2010/06/03(木) 10:48:13 |
  2. URL |
  3. akiha #-
  4. [ 編集]

出張先で鳩山辞任のニュースを聞き、
ホテルに戻ってテレビをつけ、初めて辞任会見を聞いたのですが、
「国民が聞く耳を持たなくなった」のくだりで、ベッドにリモコンを投げつけた私。

「全部お前が悪いんじゃん、甘ったれてんじゃねぇよ。」(冬物語より)
  1. 2010/06/03(木) 20:12:19 |
  2. URL |
  3. Misty #-
  4. [ 編集]

>> akiha さん
菅とたるとこ(誰?)で代表選みたいですね。また議員だけで決めるんだとか。
党費払ってる一般党員やサポーターはいい面の皮ですね。
どうせ閣僚はまたたらい回しになるんだろうなあ。層薄いし。

>> Misty さん
首相就任以来徹頭徹尾甘えっぱなしでしたね。
国民はお前のママじゃねえっつーの。
  1. 2010/06/03(木) 23:54:28 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3861-e114c22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。