QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あとは落ちてくるのを待つだけだ。

はやぶさの最終軌道調整(TCM-4)が無事終わったよ。

  TCM-4、WPAへの精密誘導完了 (JAXA公式)

 

日本時間2010年6月9日15時00分にTCM-4が正常に実施されたことを確認しました。この運用により、豪州WPA内着陸想定地域への精密誘導が完了しました。

探査機の状態は良好です。


総運転時間が4万時間を越えたイオンエンジンの運転もこれで終了。ここまでよくもってくれたよ。
あとは秒速12kmの慣性飛行で大気圏に突っ込んでくる。これで地球への帰還は確定。
しかし、まだ地球から200万km近く(地球-月の距離の約5倍)離れているのに、豪州ウーメラ実験場へ誤差わずか数kmで落とせる、というのだから凄い技術だよなあ。

はやぶさのμ10イオンエンジンは、その生みの親であり、豪州で待つ國中先生の方へ、忠犬の如く一直線に駆けてゆきました。システムの累積運転時間:4万時間は世界一です。いや、そんなことに関係なく『我らのイオンエンジンは世界一のエンジンだ!』と今なら胸を張って言えそうです。(IES兄) - @Hayabusa_JAXA


皆さん,μ10イオンエンジンは立派に役目を果たしました。メインエンジンの枠を超えて「はやぶさ」の失われた機能をサポートしきった我らのエンジンを誇らしく思います。万感の想いで運転終了のシール(五角形)を運用室の窓に貼りました。 http://bit.ly/aV56Nm (IES兄)  - @Hayabusa_JAXA


姿勢制御用化学スラスターが生きていれば軌道調整にイオンエンジンを使うことも無かったんだもんなあ。
後はカプセルの分離と大気圏突入と回収が上手くいくことを祈るだけ。
そのカプセルに関して、「毎日新聞の最後の良心」永山悦子記者の記事が。


  小惑星探査機:「はやぶさ」カプセルは工夫満載 (毎日.jp)

 地球に帰還する小惑星探査機「はやぶさ」は13日夜、最後の仕事に挑む。小惑星イトカワの岩石が入っているかもしれないカプセルを、無事に地表に届けることだ。人類が他天体の表面から物質を持ち帰るのは、米・旧ソ連の「月の石」以来で、小惑星からは初めて。過去最速級のスピードで大気圏に突入するカプセルには、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の創意工夫が詰まっている。

 はやぶさは13日午後8時ごろ(日本時間)、地球から4万キロでカプセルを分離する。カプセルは直径約40センチ、重さ約17キロで「ふたをした中華鍋」のような形。分離後、地球の引力で加速され、秒速12キロで大気圏(高度200キロ)に突入する。東京-新大阪間をわずか約45秒で移動できるスピードは、彗星(すいせい)のちりを持ち帰った米探査機「スターダスト」(06年)並みだ。

 大気圏突入時、カプセルは最高1万~2万度の空気に包まれる。単位面積当たりの加熱効果は米スペースシャトルの地球帰還時の約30倍。カプセル開発に携わった山田哲哉JAXA准教授は「過酷な環境を克服するため選ばれたのが『自分を犠牲にして中身を守る』手法」と説明する。

 カプセル表面の材質は、高温と衝撃に強い炭素繊維強化プラスチック(厚さ平均3センチ)。高温になると内層が徐々に溶け、熱を奪いながらガスが発生し、外にもれ出してカプセルを包み込む。その結果、カプセル表面は最高約3000度、内部は50度以下に抑えられる。

 高度約10キロでパラシュートが開き、カプセルは秒速10メートルまで減速してオーストラリア南部ウーメラ砂漠に着地する。明るい流れ星のように夜空に描く光跡と、カプセルが発する電波を頼りに着地地点を推定し、捜索隊が夜明けとともに探索を始める。山田准教授は「残された使命を成功させ、カプセルを地球に無事に届けたい」と話す。


探査機が切り離した同種のカプセルの回収を米国はジェネシスで失敗し、続くスターダストで成功させた。
ジェネシスの失敗原因はスイッチの取り付け方向を誤るという人為的ミスだったのだが。

日本はこれが初舞台。待ってるぞー。なんとか無事に地表まで辿り着いて欲しい。
  1. 2010/06/09(水) 20:10:12|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


YAZAWA MEP206とAXESのイヤーチップ>> | ホーム | <<YAZAWA MEP206エージング後

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3865-5661206b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。