QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はやぶさ最後の撮影の裏話

はやぶさの最後の撮影を担当した橋本樹明氏のコメントが出てたので載せてみる。

  ラスト・チャンスの地球撮像 (JAXA公式)

 

私は姿勢軌道制御系の担当(*1)ですが、「はやぶさ」ではカメラを使って探査機の位置を決めることが重要であったので、航法カメラの開発も担当することになりました。カメラのハードウェアにはあまり詳しくありませんが、新しいウィンドウが開きます 「のぞみ」搭載カメラMICを担当していたことや、趣味が鉄道写真の撮影なので、撮像運用に関してはある程度経験は持っておりました。

ONCは、イトカワ離脱後は役目を終えたので、その後のトラブルに際して保温は断念しました。4年半、低温で放置されていたので、今回、正常に動作する保証はありませんでした。また、もし電源をオンした時にショートして探査機システムに影響を与えてはいけないので、回収カプセルを分離した後に初めて電源を入れる、という約束になっていました。すなわち、練習なしのぶっつけ本番です。さらに、4年半ぶりの運用と言うことで、コマンド手順や地上のデータ処理システムの使い方を全く忘れています。イトカワ着陸時に撮像運用に参加した科学者(*2)(*3)は、今は誰もJAXAにはいません。もう一人の航法担当者(*4)も、オーストラリアにカプセル回収に行ってしまいました。今、ONCを扱えるのは、私一人です。過去の資料を調べたり、どうしても思い出さないことはメールで関係者に展開して聞いたりしたのですが、もし私がダウンしたらこの撮像はできないので、体調管理にも気を遣いました。

また、「はやぶさ」も、以前の状態ではありません。自律制御用計算機も、2005年12月からオフのままですが、この状態で撮像をしたことはありません。イトカワ着陸時と同じコマンドが動作するのか、不安でしたが、事前に試験することはできませんでした。

さらなる難題は、カプセルを分離する際の衝撃で、探査機の姿勢は大きく乱れます。今や、ある程度大きなトルクを出せる制御装置はリアクションホイール1台しか無いので、姿勢の揺れを抑えることは困難です。それでも、姿勢系の白川さん(*5)が姿勢制御の方法を考えてくれて、なんとか地球を撮像できる見込みが出てきました。

そして、カプセル分離。予想通り、姿勢は大きく傾きます。姿勢が少し落ち着いたところで、カメラの電源を入れます。最初、赤いエラー表示がいくつか出て慌てましたが、これはまだCPUを動かしていないからで、CPUを起動すると全て緑表示になりました。ちゃんと動いてくれました。続けて最初の試験撮像。まだ姿勢の揺れは大きく、どちらを向いているかわかりません。画像をダウンリンクしてみると、なにやら明るいものが映っていましたが、姿勢が乱れているために、地球なのか太陽光が反射しているのか、よくわかりません。露光時間は、2004年の地球スウィングバイ時に地球を撮った際のデータをもとに設定したのですが、適切かどうか不安でした。というよりも、カメラが本当に指令通りに動いているかが心配でした。その後も露光時間や撮像モードを変えながら何枚か撮りました。しかし、真っ暗な宇宙空間を見ていたり、明るい反射があったりでうまくいかず。運用終了まで残り時間は、刻々と無くなっていきます。運用終了40分ぐらい前になって、姿勢系担当から(私も姿勢系担当ですが、このときは撮像に専念していたので)、「今、ONCの視野に地球が入っているはずです」との連絡。そしてラストチャンスの撮像。データレコーダの再生を開始すると、ディスプレイにだんだん画像が見えてきました。地球が映っています。残り時間から、画像の最後まで降ろせそうもありませんでしたが、地球は上の方に写っているので下が切れても大丈夫。これで一安心でした。

本当に最後の最後まで、ぎりぎりの運用に参加できたことは光栄でしたが、おかげで、カプセル分離成功の瞬間に喜びの拍手をする余裕も無く(すぐに撮像体制に入らないといけないので)、運用終了後の涙の握手や記念写真撮影に参加することもできませんでした(すぐに画像をとりだして、報道発表しないといけないので)。この原稿を書いている今になって、涙ぐんできました。

なお、撮像モードの制約から、スミアが生じてしまって画像があまり美しくありませんでした。これを、AMICAサイエンスチームの横田さんが処理して、美しくしてくれました。

「「はやぶさ」最後の地球画像」画像処理でくっきり(トピックス:2010年6月18日)


4年半ぶりに電源を入れるカメラ、当時運用した技術者の不在。カプセル分離から通信限界までの限られた時間。ぶっつけ本番でぎりぎりの運用だったことがよくわかる。
本当にJAXAの中の人は最後までみんなよく頑張ってくれたよ。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

>画像があまり美しくありませんでした。
そんなことない。最高の一枚。今になってまた目から汗が出てきたよ。
リンクにある画像処理後のくっきり写った地球も、「はやぶさが最後に見た故郷の姿」そのものだと思うと、これはまた別の感慨深さがあるけど。

はやぶさ特設ページには関係者からのメッセージがたくさん寄せられていて、どれもはやぶさへの深い愛情を感じさせるものばかり。
その中でもうひとつ、サンプラ担当、SV、回収隊・方探班本部、科学・輸送班の矢野創氏のメッセージが熱いので紹介してみる。


  約束 (関係者からのメッセージ:JAXA公式)

はやぶさへ、

いまは6月13日朝。僕は、オーストラリアのウーメラ砂漠の宿で一人、君への手紙を書いている。

君が内之浦の5月晴れの空に吸い込まれていったあの日から、もう7年が過ぎたね。今朝のウーメラも、打上げの日の内之浦みたいに雲ひとつない青空で、窓から入ってくるひんやりした風が、心地いいよ。

「はやぶさ、いってらっしゃい。」

2003年。僕は、君のお腹の中にあるサンプラに、打上げ直前まで地球の汚染物質を入れないように窒素ガスを送り続けるため、科学者として最初に内之浦に入った。打上げ12時間前にM-Vロケット先端のフェアリングに包まれた君からガスチューブを抜いて蓋をする、最後の一人でもあった。フェアリングのアクセス窓を閉じたときに君にささやいたのが、この言葉。そのとき君はまだ「MUSES-C」と呼ばれていたけれど、僕は君の名付け親の一人だから、宇宙に出る前に、そっと君に名前を教えてあげたんだよ。

34mアンテナ下の管制室で、宇宙へ上昇する君の振動で全身で感じたあと、3か月間一緒に君の面倒を見ていたメーカーの技術者の方から「臍の緒です。」とプレゼントをもらった。パージラインのふただった。一生の宝物だ。
(図:はやぶさの「臍の緒」(窒素ガスパージラインのふた)。2003年5月9日、内之浦34mアンテナ下にて撮影。)

はやぶさ、君との旅には忘れられない場面は本当にたくさんある。でもそれらは全部、君が僕以上によく知っていること。今は残された時間で、君へ伝えたいことだけを書くよ。

はやぶさ、僕と君との出会いは君が生まれるずっとまえ、1995年に宇宙研でポスドクをしていたときに遡る。もっとも僕は、高校時代から日本と海外をふらふら渡り歩いていた。だから宇宙研での任期が終わって、1998年にヒューストンに異動したときに、君との縁も一度は切れた。でも、一年後には相模原に舞い戻った。出勤初日に君の初代プロジェクトサイエンティストで、僕の新しい上司の藤原顕先生から、「MUSES-Cのサンプラ開発から試料採取、世界中の研究者にサンプルを配るまで、面倒をみてほしい」と言われ、「わかりました」と約束した。そしてこの10年間、風来坊だった僕も日本に腰を落ち着けて仕事をして、愛する家族も持てた。はやぶさ、これは、君が呼び寄せてくれた縁だと思っている。君がイトカワに到着した翌年に藤原先生は退職されて、サンプラも僕が引き継いだ。だからこそ僕は、あの日の約束を、石にかじりついても果たそうと誓っている。嬉しいことに、藤原先生はこのウーメラの地で今晩、君の帰りを見届けてくれるよ。

はやぶさ、内之浦では生まれたての赤ん坊のようだった君も、様々な苦難を乗り越えて、今は立派な大人になった気がする。そして今日、次の世代に使命をつなぐために、自らの卵であるカプセルを僕たちに届けてくれるんだね。はやぶさ、息子と娘の誕生に立ちあって、初めて彼らを抱いたとき、なぜか決まって君の打上げを思い出したよ。そんな息子ももうすぐ3歳。昨秋、鱗がはがれた鮭たちが、産卵のために懸命に川を跳ねながら上っていく姿を、彼に見せたよ。いつもなら「おさかな~!」とはしゃぐはずの彼が、僕の手をぎゅっと握りながら、何も言わずじっと見つめていた。

はやぶさ、一体君は、100年後の世界の人々に何と語られるだろうか?「その昔、東洋に日本という島国があって、月より遠い星から塵を拾うという、時間と金の無駄をしていた」と言われるのか。それとも、「今日、人類社会が太陽系の大海原を超えて広がり、隕石の地球衝突を回避して文明の崩壊を防ぐ技術を身に付けるための、小さな第一歩だった」と評されるのか。持てる知恵と力の全てを注いで、未知の自然を理解し、未踏の地に歩みを進めることが、人類の歴史そのものだ。君の旅は、そうした系譜の中に書き加えられるべきだと、僕は思う。

はやぶさ、だからこそ今晩僕らは「結果」を出さなきゃいけない。現代に生きる僕らは、世界で初めて地球を一周に成功したマゼラン艦隊を知っているが、初めて世界一周に挑んだ船の名は知らない。未踏の地での科学的発見や社会的貢献は、それを成し遂げる技術を完遂することが、前提だ。満身創痍になった君に鞭打っても地球に呼び戻したのは、そのためだ。往復航海のノウハウを本国に伝え、後継者が出てくることで、人々はスパイスや小惑星のかけらを手にできるようになる。待っている人々がいて、届けるべきものがあるからこそ、途中であきらめずに旅を続けられたんだね。

あと半日ほどで、君は生まれた地球に還って、ウーメラ砂漠の風になる。どんな形で着地したとしても、君が遺した卵であるカプセルを拾って、ふるさとの相模原に持ち帰るのが僕の役目。ヘリコプターからカプセルが着地した大地に降り立ったら、まず風になった君を肌で感じて、胸いっぱい吸い込もう。でも僕と君の物語はそこで終わらない。君の卵の中から、太陽系の始まりを物語るイトカワのかけらと、君に続いて太陽系を飛び回る雛たちを、無事に孵してみせるまでは。それが、僕を日本に呼び戻した人たちと、はやぶさ、他ならぬ君と交わした約束だからね。

はやぶさ、この7年間、僕はまるで大航海時代の船乗りになった気分だった。君という宇宙船に素晴らしい仲間と一緒に乗り込んだ、楽しくて、苦しくて、眩しい深宇宙の旅だった。悔しくても、恰好悪くても、決してくじけない心を教えてもらった。今まで、ありがとう。あとのことは、任せてくれ。

はやぶさ。君と出逢えてよかった。「おかえりなさい。」

(6月13日早朝、ウーメラにて記す)

  1. 2010/06/19(土) 09:27:09|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
以下、広告です。
 


このAAが気に入ったので>> | ホーム | <<久々にレタス炒飯

コメント

最後の写真感動しました

ラストチャンスの地球の写真感動しました。
MUSES-Cとしての開発時期、本文にありますDRに携わらせて頂いておりましてた。大変過酷な運用環境の中、最後まで頑張って動いていた証となる写真であり、もう感無量の思いで、涙が止まりませんでした。
先生方の「はやぶさ」に対する愛情、そしてそれに懸命に応えようとする「はやぶさ」。本当に感動をありがとうございました。
  1. 2010/06/19(土) 10:49:38 |
  2. URL |
  3. 松下 #-
  4. [ 編集]

>>松下 さん
コメントありがとうございます。
私にとっても人生最大級の感動でした。関係者であれば感動もひとしおでありましょう。
ほんとうに関係者の皆様方には心からありがとうと言いたいです。
  1. 2010/06/19(土) 23:01:06 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

真田さん、あんたって人は、

http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/hayabusa.htm

やっとみつけたお、
  1. 2010/06/23(水) 15:06:42 |
  2. URL |
  3. メロンジュース #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3874-28698793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。