QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャミソールの見解

キャミソール酷すぎるキャミソール

  「政策が功を奏して、景気回復の動きが軌道に乗りつつあると思っている」 国家戦略担当相が認識 (WWW.ニュース)

 

 今回のGDPについて、経済財政政策を担当する荒井国家戦略担当大臣は会見で、「今後、景気回復の動きが軌道に乗るかどうかの判断の分かれ目に来ていると思うが、私自身は、政策が功を奏して軌道に乗りつつあると思っている」と述べ、これまでの政府の経済対策の効果によって、景気が自律的な回復に向かう過程にあることは変わらないという認識を強調しました。

一方、景気の先行きについて、荒井大臣は「このところの円高が、日本の景気を自律的な回復軌道に乗せる過程で大きな障害になるかどうか、もう少し見極めなければならない」と述べ、外国為替市場で続く円高に対する懸念を示しました。

 一方、内閣府の津村政務官は会見で、「景気は踊り場に入ったと言えるかもしれない。
海外の景気の減速やこのところの円高などで、景気の自律的な回復の芽が摘まれることが懸念される状況だ」と述べ、景気の認識について、荒井大臣と異なる見解を示しました。

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100816/t10013376801000.html


政策って、政権後退してから何かやったっけか?
そもそも、いったい何を持って景気回復を語ってるのだ。


  GDP実質0.4%成長 4~6月年率、市場予想下回る (日本経済新聞) 

 内閣府が16日発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動を除いた実質成長率が前期比プラス0.1%、年率換算でプラス0.4%だった。プラス成長は3四半期連続だが、成長率は1~3月期から縮小した。市場予想の平均値は年率プラス2.4%(日経QUICKニュース社調べ)だった。

 世界的な景気回復を背景に、中国など新興国向けの輸出が好調だった外需がプラス成長をけん引した。輸出から輸入を差し引いた外需の成長率への寄与度はプラス0.3ポイントで、5四半期連続の増加。輸出拡大を受けて企業の設備投資が3四半期連続の0.5%増となったことも貢献した。

 ただ、個人消費はプラス0.0%と5四半期連続で増加したものの、前回の0.5%から大きく縮小した。企業業績の回復にともない個人の所得環境は改善しているが、4月から薄型テレビの省エネ基準が強化され、エコポイント制度の対象商品が減少したことなどが響いた。

 住宅投資は1.3%減。10年度予算で削減された公共投資は3.4%減だった。民間在庫の寄与度はマイナス0.2ポイント、内需寄与度はマイナス0.2ポイントだった。

 生活実感に近い名目GDP成長率は前期比マイナス0.9%と3四半期ぶりのマイナス成長。年率換算でもマイナス3.7%だった。総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期比マイナス1.8%、前期比でマイナス1.0%だった。輸入品目の動きを除いた国内需要デフレーターは前年同期比マイナス0.8%、前期比マイナス0.7%だった。


実際、GDPは年率-3.7%の大幅減なんだそうなんだが。マイナス成長で景気回復ってどこの世界の日本だよ?


  中国が世界2位の経済大国に浮上-4-6月期GDP規模で日本抜く (ブルームバーグ)

中国の国内総生産(GDP)が4-6月(第2四半期)に日本を上回った。1978年に当時の指導者、小平氏の下で始まった改革・開放政策から30年余りを経て、中国は世界2位の経済大国に浮上した。


中国にも抜かれたしね。


  また思いつき? 菅、夏休み“国会研究”も意味不明 (ZAKZAK)

 菅直人首相(63)は15日夜、都内で仙谷由人官房長官(64)らと会食し、ねじれ国会の打開策について「新たに国民に参加してもらうことで、超えられる可能性がある」との考えを示した。意味不明だが、長野県軽井沢町での10日からの夏休みの“自由研究”の発表よろしく、本人は満足げだったという。

 出席者によると、会食で首相は「新しく国民の皆さんに参加していただける民主主義の形が模索できないか。市民派としてやってきた首相として、国民的な課題を議論できる場を作ることを探りたい」と語った。

 具体策には踏み込まなかったが、各会有識者に一般市民を加えた新たな議論の場を設けることをテコに、国会運営を乗り切りたい考えとみられる。政府筋は、首相が4日間の夏休みでこうした考えを持つようになったと解説した。

 ただ、さっそく、「本来の議論の場である国会を軽視している」(自民党中堅議員)、「『市民派』というフレーズを使いたいだけの思いつきでは」(永田町有力筋)との批判も。

 菅首相は10日夜から15日午前まで、伸子夫人(64)と長野県軽井沢町で静養。滞在先のホテルから外出せず、円高に対する具体的な対策も指示せず、ホテルでの面会者は側近の寺田学首相補佐官政府(33)だけだった。「中央公論」や「文藝春秋」、クリントン元米大統領の自伝や、自民党で壮絶な権力闘争を演じた故・大平正芳元首相の伝記「茜色の空」などを読みふけったというが、何か得るものがあったのか?


で、この円高をシカトしつつたっぷり一週間休みを取った無策無能の我が国の首相はこの事態のさなかにどうかというと、「ねじれの打開に国民の参加」などと意味不明の供述をしており、責任能力に疑問があるとして精神鑑定が予定されている・・・かどうかは知らないが、まあ「憲法に三権分立は書いてない」とか口走った前科のある人なので、「議会政治」とか「間接民主制」とかを理解していなくても特に驚くにはあたらない。
そもそも、このような政党を信任したのは国民なのだしね。


【追記】
案の定、見~て~る~だ~け~、らしい。どんだけやる気ないんだよ?
見てるだけならオレでも出来るわ。


  首相:経済情勢、為替の問題含め注意深く見たい-GDP(Update1)(ブルームバーグ)

菅直人首相は16日夕、今年4-6月期の日本の実質国内総生産(GDP)が事前予想を大きく下回ったことに伴う今後の経済情勢について、「為替の問題を含めて注意深く見ておく必要があると思っている」との認識を示した。官邸で記者団に語った。

  新たな経済対策を打ち出す可能性については、荒井聡経済財政担当相や野田佳彦財務相など関係閣僚に「近々、それぞれの立場で今の日本経済の状態をしっかり見た上でいろいろ報告してくれ、と言ってある。そういう中から今後のことは考えていきたいと思っている」と述べるにとどめた。


>いろいろ報告してくれ、と言ってある。そういう中から今後のことは考えていきたい
これから考えるとさ。いったいこれまで何やってたのかね。
  1. 2010/08/16(月) 21:40:03|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


昨日見た花火>> | ホーム | <<百年前なら憶えちゃいるが一年前だとちとわからねえ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3909-a6bf1e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。