QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今回は一部報じたところもあり、か。

前回と違って、今回は根回しが功を奏したか、それともアリバイ作りか幾つかのメディアが報じてるね。

  【尖閣衝突事件】東京の中国大使館前で2800人デモ、沖縄でも集会 (MSN産経ニュース)

 

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関し、民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(田母神俊雄会長)などが16日、東京都港区で中国政府に抗議するデモ行進をした。警視庁によると約2800人が参加、混乱はなかった。

 参加者はプラカードを掲げ「尖閣は日本の領土」などと訴えながら約2キロを歩いた。その後、中国大使館前で抗議文を読み上げた。「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」と題した集会も開かれた。

 参加した無職、男性(71)=千葉県佐倉市=は「日本の現状を非常に憂慮している」。男子大学生(21)=東京都武蔵野市=は「日本の存亡にかかわるやばい事態だと思って参加した」と話した。

 沖縄県宜野湾市でも同日、「中国の領海侵犯から尖閣諸島海域を守る沖縄県民の集い」が開かれ、約700人が集まった。集会には尖閣諸島を擁する石垣市の中山義隆市長や、平沼赳夫氏ら国会議員7人が出席。沖縄県知事からもメッセージが寄せられた。


産経は前回ネットでのガッカリした論調に考え直したのか、今回は記事を上げている。
また、朝日新聞も一応取り上げているが、

 市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(会長・田母神俊雄前航空幕僚長)などが主催し、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」が16日、都内で行われた。主催者側によると、約3200人が参加したという。

 集会には田母神氏や西村真悟前衆院議員のほか、地方議員や文化人らが参加した。抗議集会、デモ行進の後、在日中国大使館を訪問。「事件は領海侵犯であり船長の拘置は妥当な措置」とした上で、船長の釈放要求など中国の一連の対応を批判、「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」とした抗議文を大使館のポストに入れた。 

  尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議―東京(asahi.com)


ただし、これは時事通信の記事の転電。
朝日は転電は自社記事扱いしないのか、asahi.com内で「中国大使館」「尖閣」等でサイト内検索をかけてもこの記事はヒットしない。一応「報道した」というただのアリバイ作りに過ぎない。
その証拠と言ってはなんだが、同日に中国で発生した反日デモに関しては、昨日だけで自社記事が連続で3件も上がっている。中国様を怒らせるな、怒らせると怖いぞ、という論調作りに必死なようだ。

  尖閣諸島問題 (asahi.com)

「尖閣 デモ 東京」のニュース検索結果「尖閣 デモ 東京」というキーワードでの24時間以内のニュース検索結果。
東京のデモは関連記事わずか9件で、中国の反日デモの記事が223件。ちなみに昨日までは成都の記事の方が上に来ていた。相変わらず、いったいどこの国のメディアなんだか。

デモの参加者数は記事によると1000人以上~3200人と巾があるが、twitter上では警察発表で5800人(デモ終了時)という情報もある。この辺はどれが正しいのか信頼できるソースに乏しいけど、数千人集まったのは確かなようだ。
以前フリーチベットデモに参加したときも4000人ぐらいだったけど、この手のデモは胡散臭い「市民団体」が動員をかけなくてもこれぐらい集まるのだからすごいと思う。

 で、上の朝日新聞による中国の反日デモの記事を読むと

 北京の日本大使館や成都の日系企業駐在員らによると、16日午後2時(日本時間同3時)ごろから成都市のイトーヨーカ堂と伊勢丹の前に千人以上の若者らが集結し、「釣魚島(尖閣諸島)を返せ」などと叫び始めた。周囲の群衆も参加して数千人規模にふくれあがり、石やペットボトルも投げられた。イトーヨーカ堂は臨時休業し、客らを避難させた。窓ガラス2枚が割られ、シャッターも壊されたという。女性従業員は「店の周りがすべて埋め尽くされ、怖かった」と語った。

 重慶の日本総領事館によると、成都市在住の日本人は300人前後で、けが人の情報などはないという。

 中国の新華社通信などによると、陝西省西安市では7千人以上の学生たちが「日本製品を買うな」などと叫びながら行進。日本料理店のドアのガラスが割られたほか、一部が日系スポーツ用品店に押し入り、治安当局に排除された。河南省鄭州市でもデモがあったという。

  中国3都市で数千人の反日デモ 日系店に投石、被害出る (asahi.com)


>石やペットボトルも投げられた。
>窓ガラス2枚が割られ、シャッターも壊された
>日本料理店のドアのガラスが割られたほか、一部が日系スポーツ用品店に押し入り
えーと…。こういうのはデモじゃなくて暴動っていうんじゃないのかな。日本のそれとは明らかに毛色が違うような。まあマスコミ様の語彙なんてこんなもんかな。
翻って東京のデモはどんな按配だったかというと、

都内で16日、中国による日本の領土の「侵略」に抗議する右派系団体主催のデモ行進が行われ、1000人以上が参加した。

日本の国旗が都内の公園にはためく中、尖閣諸島(Senkaku Islands、中国名:釣魚島)付近で起きた漁船衝突で過熱した領土問題をめぐる2度目の抗議デモが開かれ、参加者らは「日本の自由が危ない」「中国の尖閣諸島侵略(を)許さない」などと書かれた横断幕を掲げて行進した。

デモ開始付近では、中国人とみられる若者2人が路上に座り込み、行進を中止させようとする出来事もあった

  都内で右派系デモ、中国の「侵略」に抗議 1000人以上行進 (AFPBBニュース)

  
デモ自身は極めて整然と行われたようだ。これは日本人の民度を示すものとして誇ってよいと思う。
これは、厳しい持ち物チェックと5人以上固まって移動することを許さなかったらしい(長野以来の)「極めて中国に配慮した日本警察」(twitter情報)のおかげもあったかもしれないが。
妨害したという中国人らしき2人も警察に速やかに排除され、そして、速やかに開放(笑)されたらしい。
これが中国だったら、おそらく投石したり窓ガラスやシャッターを破壊するようなデモ参加者のことだから、袋叩きに遭って今頃生きてなかったかもね。日本でよかったね。まあそれを見越してやってるんだろうけどな。


  深センの反日デモは中止=公安当局の警告で-中国 (時事ドットコム)

 【深セン(中国広東省)時事】中国の代表的な経済特区である広東省深セン市でも16日、反日デモが計画されたが、消息筋によると、公安当局が「デモは絶対に認めない」と事前に警告して中止させた。同省内では各都市で同様の措置が取られたもようだという。
 深センのデモはインターネットで呼び掛けられ、市中心部の繁華街で行う予定だった。広東省の公安当局は11月に広州アジア競技大会を控えて特別警戒態勢を敷いていることから、デモを禁止したとみられる。


中国共産党は反日デモが反共産党デモに転化するのを恐れてる。
深センでのデモは「許可」されなかった。つまり成都他で発生した暴動は政府の許可に基く「官製デモ」であり、その目的は民衆の政治に対する不満のガス抜きだ。
ただし、デモが激化しすぎても昂った民衆の矛先は政府に向くし、かといってデモを抑えれば民衆の不満が鬱積していく。中共政府は極めて難しい些事加減を求められている。政府自体、地方と中央でも決して一枚岩ではないしね。

日本人が尖閣問題で抗議デモをすれば、あちらはそれに勝手に煽られて各地で「暴動」を起こしてくれるようだ。
もちろんそれは「官製デモ」ではあるけども、民衆にそうした不満の下地があるから起きるわけで、中共政府もそうした民衆に対して強権的な扱いばかりを行うことは出来ない。矛先が彼らに向けば共産党による政治制度そのものが危ういからだ。
つまり日本人は自分たちのこうした平和的で整然とした国内デモを通じて、間接的に中共政府に揺さぶりをかけ、中国の民主化運動への貢献を果たしている、ということになる。

その上、海外メディアが両国の「デモ」の民度を比較して報じてくれるわけだから、中国の民度や政治の異常さがクローズアップされていくわけで。中共政府は国内外において不味い立場に立たされる。
だから、こちらは世界中のギャラリーに訴えるために、ただ整然とデモを繰り返せばいいんじゃないのかな。

また、繰り返すことによって、日本国内メディアがそうした事実を無視して報道しない不自然さも国内外に知れ渡っていくわけだし、知れ渡っていくに従って彼らの信頼も墜ちていく。
これは、水を張った洗面器に顔を突っ込んだ我慢比べに似ている。継続は力だよ。


【追記】
やはり今回の中国のそれは正真正銘の官製デモだった模様。

【香港時事】17日付の香港各紙は16日に中国各地で起きた尖閣諸島問題をめぐる反日デモについて、各大学の政府系学生会が組織したものだったと伝えた。中国政府は「一部の大衆が日本側の誤った言動に義憤を表明した」(外務省スポークスマン)と説明しているが、実際には官製デモだったことになる。
 中国系香港紙・文匯報によると、四川省成都市のデモ参加者たちは「各大学の学生会が1カ月前から準備を開始した」「校内で日本製品ボイコットの署名活動も行った」と話した。
 また、リンゴ日報も「デモに参加したある大学生がインターネット上で、デモは学生会が組織したことを明らかにした」と報じた。
 中国の大学学生会はすべて政府や共産党の指導下にあり、自主的な政治活動は一切認められていない。

  反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織-香港紙 (時事ドットコム)


>中国の大学学生会はすべて政府や共産党の指導下にあり、自主的な政治活動は一切認められていない。
すべて政府や共産党の指導下にあり、自主的な政治活動は一切認められていない。
自主的な政治活動は一切認められていない。

さて、時事は香港紙の記事をこう報じたわけだけど、大手メディアはどうするのかな。
あれだけ華々しく連続で記事上げておいて続報シカトってことはないよねw


【追記2】
佐々木俊尚氏( @sasakitoshinao )のつぶやきから最も詳しく伝えてると思われる大紀元の記事を。
ただし中共と敵対する大紀元の記事だからそのあたりは多少割り引いて考える必要もあるかもしれないけど。
メディアで参加者数5800人と伝えているのはおそらく大紀元だけ。


  東京で5800人が中国に抗議 中国各地でも大規模反日デモ(大紀元)

都内で16日午後、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会のデモが行われ、元航空幕僚長の田母神氏や西村眞悟前衆院議員、地方議員らが参加した。警察の調べによると、デモの参加者は約5800人で、主催者側は、インターネット同時中継の観覧者は8000人以上に上ったと発表した。

 参加者は大小の国旗を掲げながら、青山公園から六本木の中国大使館までの1.6キロを行進した。若者や女性も多く、中国で弾圧されているチベット、ウイグル自治区や台湾などの関係者もそれぞれの旗を掲げて参加した。

 一方、同日、中国四川省成都、西安など各都市でも尖閣領土問題について大規模な反日デモが行われた。日本メディアの報道によると、成都中心部のイトーヨーカドーや周辺の複数の日本料理店が襲撃されたという。反日デモについて、中国国内では、国営新華社の英字報道を除き、一切報道していない。掲示板などに投稿された情報もすべて削除された。

東京デモ 多数の一般人も

 市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」などが主催した今回のデモに、若者や主婦など多くの一般市民が見かけられた。前回の10月2日に初めてデモに参加し、今回も参加した20代の女性2人は「尖閣の事件をニュースでみて、日本はヤバイなと思った。日本政府に私たちの気持ちが届いてほしい」と述べた。

 青山近隣にすむ30代の主婦は、「いつもは(デモ行進というと)抵抗感があるが、
都内で16日午後、尖閣諸島沖の漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会のデモが行われた。議員らや文化人のほか、若者や主婦など多くの一般市民が見かけられた(撮影・大紀元)
最近の政府の対応や中国の動きを見ると、デモがあるのもうなずける」と、参加者の掲げる国旗などを見上げた。

 行進中、隊列はほとんど崩れることはなかったが、一度だけ場が緊張するハプニングがあった。行進の先頭に1人の男が現れ、在日中国人の人権侵害に対する反対の声を上げた時、警備をしていた関係者が男を列から引きずり出した。デモ隊は立ち止まりシュプレヒコールを強めたため、通行人らは一時不安の色を見せた。

 デモに参加したウェブデザイナーでブログ「アニオタ保守本流」管理人の古谷経衡(つねひら)さんは、「決して(思想が)極端な人々が集まったのではなく、一般人が来てデモに参加している。台湾やウイグル、チベットの人も参加していて、アジアの声が中国政府に対する思いを反映している。(今回の尖閣騒動で)被害にあったのは両国の国民。どちらの国民も愛国心があるから、国を守りたいと思っている。日本は、攻められたのだから防衛手段をとっただけ」と述べた。

 デモ行進と集会後、六本木の中国大使館前を訪問し、主催者側は「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」との抗議文を大使館へ届けた。デモの隊列は大使館前を一列になって通行し、尖閣諸島が日本の領土であるとのメッセージを再度示した。

 中国、4都市で大規模デモ 報道規制

 日本で行われた反中デモについて、新華社の中国語報道によると、中国外務省の馬朝旭(ばちょうきょく)報道局長は16日夜の記者会見で、「重大な関心を表明し、日本国内の大使館や総領事館の安全確保を求めた」との談話を発表した。

 一方、同じ日に中国で行われた反日デモについての記者の質問に、「中日は重要な隣国同士である。両国間に存在する敏感・複雑な問題に関して、我々は対話を通して適切に解決し、両国間の戦略的互恵関係を維持していくべきだと主張する」と同局長は答えた。また、「一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できるが、法に基づいて理性的に国を愛する熱情を表現しなければならず、非理性的で法規に違反する行為には賛成しない」とも述べた。

 馬局長の発言を報道した新華社の記事は、「個別な都市での渉日(日本に及ぶ)デモに外交部報道官が答える」とのタイトルで、反日の表現を避けている。また、中国国内で行われた反日デモに関するネット上の発言や、一部サイトでの報道はすべて削除されたことから、当局が報道規制を行っているのは明らかである。


 対外的な発信をしている新華社の英字報道によると、成都のデモでは、約2000
10月16日、中国で少なくとも成都、西安、杭州と鄭州の4都市で大規模な反日デモが発生した。写真は鄭州市のデモ参加者(AFP)
人が「打倒日本」「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を守れ」のプラカードを挙げた。西安では、学生ら7000人が市中心部の広場でデモを行い、日本の国旗を燃やしたり、日系スポーツ用品の店になだれ込んだりしていた。同報道は、参加者はネット上の呼びかけに応じた自発的な行為であるとしている。

 英BBCの報道によると、16日、少なくとも成都、西安、杭州と鄭州の4都市で大規模な反日デモが発生した。成都での参加人数は1万人に上ると見られている。

 日本国内メディアの報道によると、16日午後、成都市中心部のイトーヨーカドー春熙店前に、若者ら数千人が集り、「打倒日本」「日本製品ボイコット」などと書かれた横断幕を広げてシュプレヒコールを上げたり、同店に向かって石やレンガを投げつけたりしていた。また、周辺の複数の日本料理店も襲撃を受けた。警備の警察官とも一時的に衝突し、一部の抗議者が警察に連行されたという。


>一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できるが、法に基づいて理性的に国を愛する熱情を表現しなければならず、非理性的で法規に違反する行為には賛成しない
>同報道は、参加者はネット上の呼びかけに応じた自発的な行為であるとしている。

いやいやいやいや、もう正真正銘の官製デモだってのはバレてるのでね。これが中華式マッチポンプというものか…。
レアアースの件といい、まあ、中共の常套手段ですわな。
  1. 2010/10/17(日) 15:37:00|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
以下、広告です。
 


目出度き事も幾つか有り。しかし、>> | ホーム | <<逃げ場無し

コメント

中国は世界の敵。

打倒、中国、打倒、中国人、世界を滅ぼすシナ人

本当の戦いは、これから始まる、油断せず戦って行きましょう

フリー、チベット、フリー、ウイグル、日本の領土を絶対に守るぞ。
  1. 2010/10/17(日) 16:05:01 |
  2. URL |
  3. 戦艦、大和 #jgJNn0FY
  4. [ 編集]

日本のメディアは今回も駄目

今日17日のテレビでのニュースはやっぱり中国でのデモは、何故デモを行うのかという中国人の気持ちまでインタビューして報道していたのに日本国内でのデモは一切やりませんでしたね。もうここまでメディアは媚中媚韓なのかとがっかりしました。政治家も何故か日本の努力を求めるとか言ってるし。救いはネットがあることだけですね。
  1. 2010/10/17(日) 18:36:07 |
  2. URL |
  3. 浦野 #TMI1sKos
  4. [ 編集]

>>戦艦、大和 さん
継続は力です。がんばりましょう。

>>浦野 さん
しかしネットはまだまだ微力なのですよね。何よりも続けることが大事だと思います。
  1. 2010/10/21(木) 00:09:08 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3954-1aed0cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。