QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インテルSandy Bridgeのチップセットに欠陥

intelが年初に鳴り物入りで発売した最新CPU コードネーム「Sandy Bridge」。
これに対応するチップセット6シリーズ(P67、H67:コードネーム Cougar Point)に欠陥が発見されてリコールになったそうな。
ちょっと遅ればせな話題だが。

  インテルSandy Bridgeのチップセットに欠陥、出荷停止・リコールへ。修正品の生産開始 (Engadget)


インテルのチップセット Intel 6 シリーズに設計上の欠陥が見つかり、出荷の停止と回収交換の対応が告知されました。対象は今月発表された第二世代 Intel Core プロセッサ (コードネーム " Sandy Bridge " ) に対応するチップセット Intel 6 シリーズ ( " Cougar Point " ) の一部。問題は Intel 6 シリーズチップセットの一部において、SATAポートが時間経過により劣化し、HDD / SSD など接続機器の性能・機能に問題が生じる場合があるというもの。第二世代 Intel Core (Sandy Bridge) プロセッサ側の問題ではありません。

インテルはすでに問題の製品の生産を停止し、シリコンレベルで修正した製品の製造を開始しています。問題のチップセットや含むシステムを購入したメーカーについては、OEMパートナーを通じて回収と交換を実施するとしており、修正された製品が顧客に届けられるのは2月後半からになる予定。出荷の全数が回復するのは4月になる見込み。


とのこと。

0番と1番以外のSATAポートに不具合が出るらしいね。
不具合はB3ステップで修正されて出荷は4月以降になると聞いた。

例えて、CPUが頭脳(前頭葉)だとすれば、チップセットはCPUの指令を各デバイスに伝える脳幹、脊髄に当る部分。
しかもSandybridgeに対応したチップセットは今のところ6シリーズしかない。
久しぶりに深夜販売とか鳴り物入りで登場しただけに、これは痛いねインテル。

各メーカの対応は、

  インテル6シリーズチップセット(Sandy Bridge)のリコール情報まとめ【メーカーPC編】

にも書かれているけど、基本的に返品交換となるようだ。
ASUS、GIGABITE、ASRock等のM/Bベンダーも同様に対応することを表明している。


しかし、相変わらずインテルのチップセットはイマイチだな。
オレの知る限りだと、古くは

820:Memory Transration Hub(MTH)の不具合でSDRAM使用不可に
815:不具合ではないがメモリのバンク制限(合計4バンクまで)、容量制限(512MBまで)
915/925:出入力コントローラの不具合でPCが起動しなくなる可能性

とか、最近だと先代のチップセットP55のUSBコントローラに不具合(B3ステップで改善)、とかね。

個人的にはいにしえの440BXはよかったかな、と思うけど。
PeんII/III時代が長かったのと後継チップセット(820/810/815)が揃ってイマイチだったおかげで長期政権になって、周辺機器側での対応に助けられた面もあるけど。

ていうかP4が嫌いだったのでデスクトップ用チップセットは440BX以降使ってないからよく知らないんだわw
ノートは830とか855GMとかだけど、まあこんなもんだろうなあって感じだし。
  1. 2011/02/04(金) 18:23:32|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


非公開にします。>> | ホーム | <<Fusion出てた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3995-62aab261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。