QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日は歩いて帰ってきたよ。

横浜からずっと歩いてきたので疲れた。

 
地震が起きたときはちょうどオフィスで作業してたのだけど、ペンシルビルの上の方の階なので揺れる揺れる。
最初は「どうせ震度3ぐらいだろうしすぐ収まるだろ」と思い、作業中の機材を倒れないよう押えていたのだけど、段々揺れが強くなってきてなかなか収まらない。
周りの人も棚を押えたりしてたのだけど、揺れが強すぎてそのうち棚がひしゃげて崩壊しだした。
3分ぐらい揺れてたんじゃないかな。誰も逃げなかったのはすげー、と思うけど誰か1人ぐらい出口確保するべきだよねw

結局業務はそれまでにすることにして近くの公園に避難することになった。
ふとオフィスの壁を見ると、長くクラックが走ってて、もし崩れてきてたら、と思うとぞっとした。

身内の無事を確認しようと携帯でかけてみるがつながらない。他の人の携帯の状況を見て、繋がりやすさは、

  ウィルコム>>>>ドコモ>AU

だった。SBは使っている人がいなかったのでわからないが。ウィルコムはピッチ故のアンテナ局の多さ、ユーザ数の少なさが幸いしているらしい。
災害時はメールは問い合わせしないと受信しない、というのを後で知った。受信してみたら妹から無事を知らせるメールが入っていた。

こういうとき、携帯のワンセグはかなり重宝。ワンセグ使ったのなんてWBC以来だw
地震速報を見つつ1時間近く公園に留まっていたのだけど、その間にも余震が来て、目の前にあるビルがゆらゆらと紙のように揺れてた。なんだか酷く現実感の無い光景だった。
津波警報は何度かあったのだけど、水位が低かったのか運河の水が溢れてくるようなことは無かった。ただし後で橋を渡ったとき流れがかなり速かったので、それなりの量の海水が逆流してたのだと思う。

結局、そのまま解散ということになり、オレは自宅のある蒲田まで歩いて帰ることにした。距離にしたら多分15、6km程度なので4時間も歩けば辿りつくだろうと。
とりあえず数人で横浜駅まで歩いていくと構内はもう人の海。当然、鉄道は全路線が止まっていた。
誰が用意したのかダンボールやブルーシートが引いてあり大勢の人が座っていた。階段にも座り込む人たちが。
皆携帯を片手に誰かに連絡している。

オレは他の人と別れ、埼玉に自宅のある友人と一緒に第二京浜経由で帰ることにした。彼は出来たら途中でレンタカーか自転車を調達して帰るという。
横浜駅から東神奈川までは先日参加した「頑張れ日本」デモの逆ルート。

歩道は人の列が途切れずおよそ2列になっての対面通行。
駅近くを通る幹線道路だけあって道行きにレンタカー屋やホームセンターなどあるのだが、レンタカーは皆在庫切れ、自転車屋は長蛇の列。皆考えることは一緒か。

途中鶴見辺りで晩飯を食おうかと思っていたのだが、鶴見周辺の地域は停電しており、店が皆閉まってた。これは誤算。結局かなり自宅に近づくまで晩飯はおあずけだった。

多摩川大橋を渡り自宅に着いたのは歩き始めておよそ4時間後。行程としてはほぼ予定通り。歩き始めたときは雨がぱらついてたのだけど止んでくれたのは運がよかった。

部屋の荒れっぷりをかなり覚悟していたのだけど、小物がやや落ちてた程度で損害は実質ほとんど無く拍子抜け。
いやー、でもよかったー。液晶TV倒れてたりとかしたら泣いちゃうよ。
  1. 2011/03/13(日) 00:22:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


進次郎無双www>> | ホーム | <<明日からの輪番停電スケジュール

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/4003-242e2261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。