QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんという茶番

昨日の菅内閣不信任決議案否決の顛末に寄せて久々に政治エントリ書いてみる。

  不信任案は反対多数で否決 菅首相の退陣表明受け造反少なく(MSN産経ニュース)

 
そもそも、今回の件は、第二次補正予算、特例公債法、復興問題等、決めるべきことが山積にもかかわらず、野党のそれらの審議要求や会期延長要請も無視して問題を先送りしたままスケジュール通り6/22に国会を閉じようとした菅総理に対し、自民公明が不信任決議案を提出する動きを見せたのが始まり。

それに民主党内のアンチ菅である小沢グループが同調し、中間派の鳩山グループの同意も取り付けて、衆議院解散を匂わせる菅とのチキンゲームになっていた、というのが1日までの流れ。
もしこの状況で衆議院解散となれば、民主党議員の相当数の落選は免れないだろうから。


で結果はどうだったかというと皆様ご存知の通りでございます。

  茶番が終わっての戦評、あるいは菅直人さん辞任を否定し居直り宣言(切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Bl)

- 1日夜まで -
小沢「不信任案賛成」
鳩「不信任案賛成」

- 2日午前 -
菅鳩会談
菅「目途が付くまでやるお(辞めるとは言ってないけどな)」
鳩「(辞めてくれるのか) じゃ、不信任反対するw」

- 2日昼 -
民主党代議士会
菅「目途が付いたら若いもんに道を譲るお(いつとは言わないけどな)」
鳩「不信任反対するお。党内結束が大事だお」
小沢 Σ(゚Д゚)

- 投票前 -
岡田「二次補正予算成立は(辞任の)条件に入ってない」
鳩「うそつくな。菅は俺に辞めるって言ったお」
小沢「(こいつ嵌められたな…) 俺欠席するわ。子分のお前等は好きにやってくれ」

- 不信任決議案否決 -

- 2日夜 -
菅「辞めるとは言ってない」
菅「さて早速俺に逆らった造反議員どもを処分するか。まず松木と横粂は除籍な」
鳩 Σ(゚Д゚)                                             ← イマココ

まあざっくりまとめるとこんな感じ。
菅の行動は「議会制民主主義は期限付き独裁制」という自論に忠実だな。
ちなみにこの茶番の元になった菅鳩の合意文書をでっちあげたのは平野と北澤らしい。


  「それはウソ」色をなす鳩山前首相 (YOMIURI ONLINE)

菅の退陣に関する条件なのかどうかを巡って解釈が割れた鳩山前首相と菅の間の覚書は、菅の指南役、北沢防衛相と鳩山の側近、平野博文元官房長官が極秘にまとめ上げたものだ。

 「鳩山は時間をかけて話をすると、あっちへ行ったりこっちへ行ったり揺れるから、一気にやろう」

 平野と北沢が覚書作りに着手したのは1日夜。鳩山は不信任案賛成の意向を表明済みだったが、平野は鳩山の、北沢は菅の意向を確認しながら、何度も電話で文案を詰めた。

 2日午前、首相執務室。北沢は覚書を手に、枝野官房長官とともに菅に向き合った。

 「2次補正の編成とは、成立のことか」

 いぶかる菅に、北沢は「そこはぼかさないとダメです」と進言した。

 約1時間後、菅は平野、岡田幹事長らの前で鳩山と覚書を交わした。鳩山は覚書を退陣条件と考え、署名を求めた。菅は「党の中のことだから、信用してほしい」とかわした。しかし、両者の意図の違いは、菅がこの日、一度も「退陣」という言葉を使わなかったことに表れていた。

 ◆「終わり」の始まり◆

 玉虫色の合意のほころびは、すぐに表面化した。

 「それはウソだ。私と首相との間で、辞めていただく条件の話をした

 岡田が2日昼の党代議士会後、菅の退陣時期について「区切っていない。(確認事項が続投の条件とは)言ってない」と記者団に語ったことを伝え聞いた鳩山は色をなして反論した。


この記事を見る限りは菅陣営が鳩を嵌めた構図になってるが、鳩は党の分裂を避けるため。知っててわざと乗ったという見かたもある。実際どうなんだろうね。オレは鳩がそこまでキレるとは思ってないのだけど。

今回の件、野党である自民としても本音では衆議院解散を望んでいたとは思えない。
この状況で選挙を実施するのは復興の状態から見てもハードルが高いし、有権者からの抵抗も大きい。
それにもしここで政権を取ることになれば民主党が絶賛放置中の諸問題と直接向き合うこととなり、火中の栗を拾うのは必至。
それらの責任を負わされて結局国民の不興を買い、次の参院選で再度ねじれ、その次の衆院選でまた下野することになりかねない。
それであれば、この状況で政局を考えた場合、現与党への不満が結実する次の選挙までひたすら座して与党の失点を待つのが野党としては一番美味しい。もっともその場合、無能な与党・内閣のもとで国民はより苦しむことになるわけだが。

本来、「政局」にするのであれば不信任決議案もこんな中途半端な時期でなく閉会が決定的になってから提出したほうがもっとインパクトがあったはず。山積する課題を前にさっさと閉会する菅内閣の「やる気のなさ」を攻めどころにすればギャラリーである国民にも大義が立って「政治空白を作る気か」「政局ばかり」などと言われることも無かった。
もし閉会になれば次の国会は秋口。実際菅総理は「第二次補正予算の審議は秋口から」と明言していたし、「政治空白」も何も、現在山積している喫緊の課題はそこまで棚上げされ、事実上停止することになるのだから。

しかし、会期の延長がまだ可能な、もろもろの修正が可能なこの中途半端な時期に提出してきたというところに、二年前、「選挙、選挙」と周囲から言われ続けながらも時期的に不利になることを承知で経済政策に傾注した麻生内閣に通じる、自民党の良心とでもいうべきものを感じる。

谷垣総裁は次の政権に「総辞職後のビジョンはない」と語りネガティブな捉え方をされているが、これは行政を直接預からない、受動的に行動せざるを得ない野党としては当然な話。同時に「解散は無い」と考えていることも受け取れる。
上記のような理由もあってあのような発言になったのだろうとは思うが、党首会談で「党内のことは党内で片付けてください」と菅を突き放した谷垣氏らしくない脇の甘い発言であるのは確かで、「ビジョンを描くべきは国民の選んだ与党であり、野党はそれに適切に対応していく」とでも答えておくべきだったとは思う。

いずれにせよ、菅総理は辞意を否定し、年末までの会期延長を表明した。不信任決議案は1会期に1度しか出せないわけで、今国会が延長されれば少なくとも年内に能動的に菅を辞めさせる手立てはもう無くなった。この状態は少なくともあと半年は続く見込みとなった。
この状態、というか、党内の仲間を騙まし討ちにして不信を買い、党外からは「辞意を示した内閣」と見られて相手にされなくなるわけで、ますます膠着した状態になっていくのは明らか。
菅鳩の合意文書に自民党に政治を明け渡さないことが記されていたのも暴露されたわけで、これで自民党の協力を取り付けるのも絶望的になったわけだし。

  菅首相と鳩山前首相が交わした覚書に批難殺到(ロケットニュース24)

「鳩菅覚書」を見てみよう。以下、覚書全文。

一、民主党を壊さないこと

二、自民党政権に逆戻りさせないこと

三、大震災の復興並びに被災者の救済に責任を持つこと

 1、東日本大震災復興の基本方針及び組織に関する法律案(復興基本法案)の成立

 2、第二次補正予算の早期編成のめどをつけること


震災復興対策が3番目かよ、というお約束のツッコミは置いとくにしても、今この時期になってもまだ二次補正予算どころか、既定予算の財源とすべき国債の発行根拠となる特例公債法すら議決されていないわけで、菅内閣の優先度如何に関わらず、金が止まった政府機関の動きはいずれ早々に止まるだろうね。
この期に及んで、秋の国会に民主党が提出する予定の法案があの人権擁護法案、なんてニュースが流れてくるに至ってはもう笑うしかない。

今回の茶番で、この前提も理解せずに「総理なんて誰がやっても一緒」とか「こんな時期に不信任案提出なんていい加減にしろ」とか言ってる人達が一定数いるのを見ると、「視聴者なんてただの搾取対象。バカだと思え」というTV屋の態度こそが日本の政治屋としてはもっとも正しいのかも、と思ってしまう。菅はそれを見事に体現したわけだし、そういう国民だからこそこういう政治を現出させたのだろうなあ、と考えると暗い気分になるな(´・ω・`)

野党の不信任決議案提出を批判してた人達、今回の結果に満足かい?
もっとも、野党の不信任決議案提出なんてそもそも国会毎の恒例行事みたいなもので、今回はたまたま小沢派の造反劇でクローズアップされたから話題になったに過ぎないのだけどね。
  1. 2011/06/03(金) 14:33:06|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ピザ焼いてみた。>> | ホーム | <<川上とも子さん亡くなったんね、

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/4015-071639c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。