QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

百見は一聴にしかず エレコム EHP-EIN-110

エレコム EHP-EIN110エレコムのアウトレットで483円になってたので買ってみた。
元々の売値は2800円ぐらいだったと思う。

 
 
ドライバを逆向き(つまりコイルが耳側に来る)に取り付けた「リバースマウント」という構造が特徴のイヤホン。
2ちゃんねるの低価格イヤホンスレでは、下位モデルのEIN-100が評価されていて、こいつは非常に低評価。
テンプレにすら入っていない。
質問が上がっても、「ドンシャリ」の一言で片付けられて終り、そんなイヤホン。

でもまあ、この値段ならと思い、買って聴いてみた。そしたら…

結構いいじゃないですか!(`・ω・´)

確かに音的には低音が強い。割合でいくと低音8、中音5、高音5.5ぐらいの感じ。
ドンシャリという程ではないかな。高音はEIN-100と似た傾向で軽め。
柔らかめなEIN-100の音に対してこちらは割とクッキリと鳴る。そのせいもあるのか音の各要素自体についてはEIN-100よりも一段上に感じる。
低価格スレではドンシャリホンが低く評価される傾向があるとはいえ、何故あんなに低評価なのかわからない(´・ω・`)

低音は硬いという程ではないが程よい弾力感や硬質感、マットさを持った鳴り。ソースによってはやや管鳴りのようなクセを感じるがこれはリバースマウントであること、あるいはハウジングの剛性などが関係しているのかもしれない。
中音もクッキリして割と近めで聞き取りやすい。音数が増えてもダンゴになりにくい感じ。ちょっと多摩ホンに似た出方。
高音はEIN-100に似た傾向のやや軽めの鳴りだが、EIN-100程ではなく、金物もそれっぽく鳴るしストリングスはかなりいい。
また、音場は非常に広く見通しのよい音。聴いてて気持ちがいい。
何に似ているか。というと、これはPlug改の音の傾向に似ているな。あるいは多摩ホンS1114の音場をうんと広げてクリアーにした感じか。オレ的には100よりこちらの音の方が好き。

やっぱりイヤホンは実際に聴いてみないとダメだなあ。特にカナルは耳穴との相性でかなり音変わるしね(´・ω・`)
まだ試してないけどイヤーチップ次第で音も変わるかもね。

ちなみに音質以外の、装着感、音洩れ、遮音性はいずれもEIN-100の方が上。
110は導音管が細長いせいかステムのブーツ部分が長いせいか、着けていてなんか据わりが悪い。その分ポジションの自由度は100よりあるのだけど。
音漏れは導音口を塞いで無音の部屋で70cm離れて鳴っているのが分かるレベル。図書館とかではちょっと、という感じかな。国産カナルの並クラスだが100の音漏れが優秀すぎるので。そのせいか遮音性も100よりは劣る。
いずれもCN22よりはマシだが。

ケーブルの質やケーブルノイズなどは100と一緒。同様にスライダも無し。これはやはりちょっと残念だな。
アウトレットではまだ若干数残っている感じ。お買い得だとは思うので購入するならお早めに。



  1. 2011/12/25(日) 12:08:27|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
以下、広告です。
 


築地吉野家で食ってみた。>> | ホーム | <<あけましておめでとうございます

コメント

 電気製品について色々詳しく見て/聞いてらっしゃるようですね。秋葉原から200キロ離れた静岡県の住民にはなかなかできないことなので、興味深いです。
 浜松市にある秋葉信仰の総本山の秋葉神社には何度かおまいりしているのですが。シャアの百式のごとき黄金の鳥居が迎えてくれたのには驚きました。


 ところで、副島隆彦氏は逃げていませんし、訴訟する気なら迎え撃つと明言していますよ。詳しくは「副島隆彦の学問道場」で検索して「重たい掲示板」をご覧になってください。

 危険を顧みずに福島原発の間近に迫って、その付近に家を購入して福島復興のために腰を据えている人ですよ。私が質問のメールを送ったら翌日には丁寧な返信を送られましたし、誠実な人だと思うのですが。膨大な著作を抱えて超多忙な人なのに、ですよ。

あなたが引用していたブログにも修正が入りました。副島氏を「情けねー」と言ったことについて、現在ではどうお考えでしょうか。

 あなたがトンズラしない、情けなくない方なら誠意を見せていただきたいものです。


 このコメントを削除されてもかまいませんが、その場合、あなたは「トンズラした情けない奴」と見なされることになることをお忘れなく。
  1. 2011/12/27(火) 23:15:52 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

削除なんかしないよ、めんどくさい。
それより何?「誠意を見せていただきたい」って。
誠意を見せろってのは当り屋とか総会屋の台詞かと思ってましたわw

逃げなかった、というならそれはそれで立派だと思いますが、そもそも副島隆彦氏って月面着陸偽物説を唱えるようなトンデモだし、その情報が眉唾だなーと思ったのもそういう理由からですが何か?以前素人相手にブチ切れしてたのにも呆れたし。
  1. 2011/12/28(水) 21:54:49 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

 私はあなたがツイッターで「副島がトンズラした。情けねー」と言ったことに対して、今はどう思っているのかと問うたのです。論点をずらさないでください。そのツイッター発言の方が消滅しているので、これ以上何を言っても無駄でしょうけれど。こちらの削除の方は面倒くさがらなかったようですね。

 このコメントはどう扱うかはあなたの自由にしてください。本音で語り合える人かどうか見極めたかったのですが、叶わなかったようです。
 

  1. 2011/12/29(木) 00:30:23 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

>ツイッター発言の方が消滅
いや、削除も消滅もしてないわけなんだけどねw
まあ、いろいろと見えない人には仕方が無いよね。
  1. 2011/12/29(木) 08:28:34 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

 私はツイッターはやらないし、知識もありませんので、少し調べてみました。なるほど、いい勉強になりました。
 それでも、見えない以上はどうしようもない、と本気で思っているならあなたはおめでたい人だ。

 前回の投稿で打ち切るつもりでしたが、お蔭様で執筆意欲が湧いてきました。勉強になった返礼に、真心込めてお届けします。
 あらかじめ警告しておきますが、かなり刺激の強い内容になります。「心臓が弱い」とか「卑しく怯んでしまう」症状がおありなら無理して読むこともありませんので、お大事になさってください。

 心の準備はよろしいですか? 本題に入ります。

 あなたは、自分の発言を隠そうと涙ぐましい努力をなさっているようですが、はっきり言って全くの無意味です。全人類から発言を隠そうと、私はそれを見てしまったのですから。
 私は特に記憶力が優れているわけではありませんが、福島原発のすぐ傍で戦っている人を、しかも私に親切にしてくれた人を「トンズラした、情けねー奴」などと言われたら忘れようがないではありませんか。そして、読んでいるうちに疑問が湧いてきました。「この人物は自分の言動に責任を持てるのか?ここまで言った以上、トンズラも情けねー言動もとれないはずだよな?」これはぜひ確かめねば、と思ったのが発端でした。何せ、こちらには動かぬ証拠があるから、恐れるものなどない。
 だから、私はあなたに求めた。「誠意を見せてほしい」と。謝罪してほしいでも、撤回してほしいでもなく。
 あなたが、自分の発言に本当に責任を持っているのか。「事実を知って訂正したい」でも「私は間違っていない。撤回する気はない」でもあなたの本心をわかりやすく言えばよかったのです。あなたの真意を知りたいのであって、別に論破したかったわけではないのですから。
それを、当たり屋だの総会屋だのを連想するところを見ると、内心はかなり恐れていたものと見える。だから、あなたはごまかしを始めた。

 副島氏のサイト「学問道場」でも、やまもといちろう氏のブログは問題になっていて、掲示板でも取り上げられていました。副島氏は野村證券問題に関して断言していましたから、少し引用します。

 『この野村證券の「グループ」(FG 、フォナンシャル・グループの「グループ」か。あるいは、ただのそこらの「グループ長」なのか、不明)の池田広報部長は、私に対して、「法的な対応を検討しております。」とのことだ。私は、受けて立つから、さっさと野村證券の顧問弁護士からの内容証明付きの郵便( 法律業界では、準備書面、という)が、私に届くようにしなさい。

 もし野村證券「ホールディングズ」の池田広報部長が、私に対して、何もアクション(actio 、アクチオ。訴権=そけん=の行使)をしなかったら、その時は、池田広報部長が内部で、責任を追及されて処分されるだけ、では済まない。覚悟せよ。私は、弁護士ではないが、「法律学の正体」(洋泉社刊)と、「裁判の秘密」(宝島社刊)、「裁判のカラクリ」(講談社刊)という本も親友の弁護士と書いている。私のことを法律(学)の知識の素人だと思わないほうがいい。

 これまでのところ、私のもとに新聞記者たちからの問い合わせは一本もない。野村證券が、うっかりだろうが私に向かって振り上げた手の降ろし方を、私の方がしっかり見届ける。』

 この副島氏に対し、あなたは何と言ったか?トンズラせず、情けねー言動も取らないなら思い出せますよね?
それとも、あなたの記憶自体にブロックをかけますか?

 やまもと氏のブログが修正された後も、あなたの軽率な発言が晒されていました。当然、副島氏の会員の皆さんも大勢目にしたことでしょう。我ながら恩着せがましくなりますが、私が指摘しなかったら、あんな馬鹿丸出しの発言を末代まで日本中に晒し続けていたわけです。

 そもそも、あなたはなぜ、副島氏を貶すのか?改めてあなたの文章を読んでいるうちにわかりました。
 あなたは副島氏のような有名人をこき下ろして、自尊心を満たしたいだけです。日常生活に様々な不満を抱えていて、ストレスを発散させる対象がほしいだけです。有名人で、風変わりな説を唱えている人ならうってつけだ。他にもこき下ろしている人がいるから心強い。副島氏を正しく理解しようなどと全く考えていない。彼のサイトも、著書にもろくに目を通さない。ただ、こき下ろせればそれでいい。そうすれば、あなたはベストセラー作家より上位に立てる。で、いくらかは鬱憤を晴らせる。

 だから、あなたはツイッターで先走った。やまもと氏のブログに副島隆彦を一方的にこき下ろした格好の記事を見つけるや、ここぞとばかりに投稿した。後のことなど何も考えずに。
 賢い人ならそんなことは絶対しない。少なくとも、副島氏本人が本当にそのような言動を取ったのか確かめてからにするはずだ。
 だが、あなたは副島氏をこき下ろしたくてたまらない。記事の鮮度が高いうちに発言したい。確認などするわけがない。副島氏が逃げずに立ち向かう勇敢な人物などとは夢にも思わない。当然だ。あなたにとって、こき下ろすべき対象でしかないのだから。本気で理解しようなどと思わなかったのだから。

 要するに、あなた自身の脳内世界に囚われて、現実を見ていなかっただけです。あなたは妄想に生きていたわけです。現実に生きていた、のなら、なぜ、あんな軽率な発言をしたのですか?
 ここまでの私に対するコメントを読み返してみても、あなたは取り繕っている。私以外の人間はごまかせるかもしれない。でも、私をどうやってごまかすつもりですか。あなたが、どんなに証拠隠滅して、99パーセントの人をだませても、私にはあなたの嘘が見え見えなのだからしょうがない。
 あなたのような取り繕った受け答えをする人間が面接に来たら、採用されますか? いちいちコメントしなくても結構ですから、自分の本心に尋ねてください。私に言ったところで何にもならない。また、取り繕ったせりふが続くのが目に見えてますから。

 今後、あなたは現実と脳内世界とどちらを選ぶのでしょうか。人間、自由ですからね。地獄に行く自由だってあるわけですから、選択は慎重になさってください。

 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 よいお年を

 

 

 
  1. 2011/12/31(土) 01:49:51 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

>あなたは、自分の発言を隠そうと涙ぐましい努力をなさっているようですが、はっきり言って全くの無意味です。

それはどこの平行世界のお話でしょうか。
http://twitter.com/#!/zakmustang/status/150817664070205440

>あなた自身の脳内世界に囚われて、現実を見ていなかっただけです。あなたは妄想に生きていたわけです。
>自尊心を満たしたいだけです。日常生活に様々な不満を抱えていて、ストレスを発散させる対象がほしいだけです。

鏡を見ろ、とだけ助言させていただきますよ。
この件に関して副島氏を「デマッター」「キチガイ」と罵っている発言も散見するわけですが、そういうのにいちいち文句つけて周っていらっしゃるわけですかね。

まあ、事実に即してなかったという部分に関しては、軽率だったとは思うので自戒したいとは思います。副島氏をトンデモだと思っているのは変わりませんけども。
副島氏vs野村證券の件については真偽の程を見守りたいと思います。すでに発言の影響でか、野村株下げてるみたいですけどね。
  1. 2011/12/31(土) 09:32:18 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/4034-533796c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。