QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

KOSS The Plug改造 - 殻割ネチョスポぶっこみ編 -

爆低音イヤホンKOSS The Plug表側を改造してみただけでは飽き足らず、殻割などしてみました。スピーカ防振用のブチルゴムでドライバの制振をするといいと他のサイトで読み、代わりにエアコンダクト用のパテをつかってみたところ大失敗。低音が全く出なくなってしまったため、全部除去して元に戻し、かわりにネチョスポ(元々ついてるスポンジ)を厚さ4mm程度に切ったものを挟んでやりました。中高音のブレというか暴れがやや収まった気がします。低音はあまり変化がありません。

Plug09Plugのハウジングは合わせ目にカッター等を入れてこじれば比較的簡単にはずれますが、向きが決まっており、ハウジング側の溝の切れ目(写真左側)と本体側の溝の突起が合わさるようになってますので、開ける前に印など付けておいたほうがよいです。






Plug10ネチョスポはハウジングの突起をよけるために一箇所切り欠いてパックマン型になってます(写真左)。







Plug11写真のようにハウジングの突起をよけて突っ込みます。
この突起の役割は次で説明します。
ハウジングの向きを合わせて閉じます。





Plug12写真下の白い部分は4つ折のティッシュが詰めてあります。
この下のドライバのフランジ部分に穴があり、元々は黒いスポンジのような不織布でカバーしてあったのですが、誤って取ってしまったところ更に爆低音になってしまいました。逆に塞ぐと全く低音が出なくなりアホみたいな音になってしまいます。ティッシュの厚みで低音の出をコントロールしてますがかなり微妙です。左右で出音が違ってしまったりするので黒布は取らない方が無難です。
ちなみに先程のハウジングの突起はこの部分を上から押さえています。



Plug14この改造のあとしばらくして、エージングが進んで(100時間超ぐらい)良くなってきたE2cを使うことが多くなっていたのですが、Plugをまたちょっといじってみたくなってきました。相対的に良くなってきたE2cの音に較べてPlug改の音がなんかつまらなく感じてきたからです。改造のアイデアはありました。ですが内部改造は改造後1日程度立たないと音が安定しない(おそらくネチョスポが変形中のため)ため検証が面倒なのと、左右の出音が変わる、元の音に戻らない、等のリスクがあるため二の足を踏んでました。
しかし思い切ってネチョスポの形状と押さえどころを変更してみました。今詰めてあるものはパックマン型(右)ですがこれの内径側を半分~2/3切り取ってひも状(左)にします。


Plug15これをPlugのドライバのフランジの凹部に巻くように詰めてやります(ハウジングの突起部分は避ける)。これは下記2点のアイデアによるものです。
1.フランジ部分だけを直接制振することでドライバフレームの制振効果を上げる。
2.ハウジング内の気室容積を増やすことで背面部の抵抗を下げダイヤフラムの動作量を増やす。

結果としては、音が伸びるようになって全体的にダイナミックになりました。以前より音量も上がりました。特に以前より高音の元気さが目立ってきました。2に関してはネチョスポを取り去れば容積Maxとなるのですが、その場合逆に高音部のがさつきが目立ってしまいます。1の制振効果が出てるのかな。でなければハウジングの着脱のしすぎで合わせ目が緩くなっているため、ネチョスポがパッキンの役目を果たしているのだと思います。

Plug本体改造の傾向としてはだいたい下記の通りです。

ハウジング後ろの穴を塞ぐ → 低音を低減。全体にダンピングが強めの音になる(特に低音)。音場は狭くなる。

ドライバフランジ部の小穴 → 覆う度合いで低音の出具合が極端に変わる。スポンジ状の黒い不織布で覆われていて、これを取ると更に爆低音になる。塞いでしまうと殆ど低音が出なくなる。そのため、この黒布は取らない方が無難。誤ってとってしまった場合、ティッシュ2~6折程度を代わりに当てることで低音の出をコントロールできるがかなり微妙な作業。低音低減に黒布の上にティッシュ1~2折を重ねてもいいかもしれない。ただしこの作業はピンセットか爪楊枝必須です。

ドライバの制振 → これは正直どれくらい効果があるのかよくわからない。制振のせいなのか容積減少のせいなのか。ダンプ材を増やすと元気のない(制動された)音になるようです。金属管改造等で強調されたPlug改の高域はがさついてあまり綺麗な感じではないので私のようにそれが気になる人は試してみる価値があるかもしれません。

  1. 2005/05/13(金) 00:00:00|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


大根は白いニンジン?>> | ホーム | <<タイトル変えた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/428-d1f0fb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。