FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

最近音楽を売るには面の皮の厚さが重要らしい。 - ソニーBMG問題続報 -

現在進行形のSonyBMGのXCP/MediaMax問題。例によってTeary 7mm MGさんからトラックバックいただいたのでまた取り上げてみる。

ソニーDRMの隠し機能は、オープンソースコードを使いApple社のDRMを付加するものであると発覚した

ソニーrootkit問題を一掃するために

MuzzyによるソニーXCP DRMシステム調査報告

MuzzyによるソニーXCP DRMシステムのまとめ

ソニーBMG - アンインストーラ第二楽章

SonyBMGにとっては著作権は自ら守るものではなくもっぱら買い手に守らせるためだけのもののようだ。
XCPはDRMSというプログラムのコードをパクっていて、これは音楽ファイルにiPodとの互換性を持たせる機能(無効にされているが)のために使われているとのことで、ついうっかり、というような性格のものではない。確信犯だ。しかもごていねいに最近リリースされたXCPのアンインストーラはLame由来のコードを含んでいた、というオチまで付いている。

さらに驚くべきは、他人のPCを乗っ取るようなソフトを仕込んでおきながら、
ほとんどの人はrootkitとは何かを知らないのだから、気に掛けたりしないのではないか」(ソニーBMGグローバルデジタルビジネス担当社長トーマス・ヘス)などと言ってのける神経だ。
MediaMaxは使用許諾契約問答無用でインストールされるし、著作権に関してもPCのセキュリティや使用許諾契約に関しても自分達は治外法権だといわんばかりだ。
この態度を裏付けるようにSonyBMGはこの問題について大々的な公表はしていない。

実のところ、こんな正規盤CDを買って使うくらいなら、インターネットから違法ダウンロードしたほうが安全だ。ユーザが販売業者にきっぱりと「プロテクトのない違法コピー品はないか?」とたずねる新時代の到来なのかもしれない。

まさにその通り。こんなことするから余計CDのコピーや海賊版が横行するんだよ。
CCCDが発売されたときも各社は再生不可なケースや機器の故障については免責として逃げ続けた。
正直「こんな物騒なもの買えるかよ。」と思ったものだ。音楽を再生するために購入したCDもどきの銀円盤がプレイヤーを破壊するかもしれない上に、売り手は壊れても責任とらないよ、というのだから無責任にも程がある。それでも欲しけりゃ買うだろうと思うのか?客を舐めるのもいいかげんにせえよ。
売り手のこういう態度が市場を狭めている側面もあると思うのだが、どうよ?

オレ最近新譜ほとんど買わないし。
特にプロテクト付きのものは意地でも買わないから。どんなに欲しくてもプロテクトという時点で醒める。

テーマ:情報セキュリティー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2005/12/08(木) 00:00:53|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


あほですかAMD。>> | ホーム | <<一緒においで、お前さん。 - ARIA 10話 -

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/611-1b6bb77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

惑星ソニー:世界各地域における不安

ソニーBMG問題について、日本がトップ感染国と指摘されたニュースはご存じのことと思います。その元解析者Dan Kaminskyによる、当時各ニュースで報道されたよりは若干新しい詳細情報をご覧下さい。
  1. 2005/12/09(金) 10:35:57 |
  2. Teary 7mm MG

EFF(電子フロンティア財団):SunnComm/MediaMaxへの公開質問状

EFFからSunnComm/MediaMaxに対し、公開質問状が出されていました。
  1. 2005/12/11(日) 15:08:15 |
  2. Teary 7mm MG

リンク:ソニー所属のアーティストがスパイウェアCDの代わりに自家製CDの提供を申し出る

Link: Sony Artists offering home-burned CDs to replace spyware-infected discsより。 リンク:ソニー所属のアーティストがスパイウェアCDの代わりに自家製CDの提供を申し出る 素晴らしい話だ。同時に、馬鹿げた話でもある… ソニー所属のアーティストがスパイウェアC
  1. 2005/12/15(木) 10:50:03 |
  2. Teary 7mm MG

MediaMax事業内容説明書の中で

Inside the MediaMax Prospectusより。 MediaMax事業内容説明書の中で 2005/12/13 Ed Felten ソニーが未だにリコールしていないCD付きスパイウェア製品に関する企業であるMediaMaxについて 記事を書いたBruce Haydenが、 近ごろ、来たる株式売買申し込みがらみでSEC(証
  1. 2005/12/17(土) 11:01:45 |
  2. Teary 7mm MG