FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

(゚Д゚)ポカーン  メンタリティの相違?

香港でタイーホされたデモ隊に続いて韓国が今度は騒乱暴徒をドイツに輸出するようです。ていうかコリアン・フーリガン?

【サッカー】W杯、「音攻」で相手チームの睡眠を邪魔せよ!
ドイツW杯でレッドデビルズの「騒音攻撃」再現なるか


2002年6月3日夜、釜山市海雲台の某ホテル前広場。300人以上の韓国サッカー代表チーム応援団・レッドデビルズが宵の口から銅鑼(どら)や鉦(かね)を叩き、一晩中お祭り騒ぎをした。午前3時30分、客室の灯りが1つ2つ灯ったと思ったら、あわてて背広に身を包んだ男が広場に降りてきてこう言ったそうだ。「私はポーランドチームの責任者だ。みなさんは世界最高のサッカーファンで、その意思は私たちに充分伝わった。だから素晴らしいゲームのためにもう帰ってくれたらどうか」
 「もし選手たちの睡眠の邪魔になったのならすまなかった、そんな意図はなかった」と丁重に謝って、早く撤収すると急いだのに明け方5時40分まで鉦(かね)の音が止まなかったのは一体何の申し合わせだったのか。1950年ワールドカップでブラジル市民たちによって初めてお目見えして以来、ファンによる「音功」は開催国が享受する当然の権利として認められている。(中略)
2002年6月2日の晩、何者が筆者の電話に暗号のようなメッセージを残した。「これから釜山へ行きます。もし問題が起きたらコラムを1本書いて弁護してください」。問題のこの人物はドイツでサムルノリ(銅鑼や鉦など4種類の打楽器を打つ韓国伝統芸能)祭りを企画、夜明けまで続く場外闘争を陣頭指揮する予定という。
劉邦の漢軍は物悲しげな音楽を演奏して楚の兵士の心を容赦なくえぐった。その男の「音功」が四面楚歌の故事どおり相手選手の心を揺さぶり、ひっくり返し、乱しますように。こんなことをしてでもわれわれ韓国人は太極戦士たちの助けになりたい。カンカ~ン、カカカ~ン、グァグァグァグァグァ~ン。

「ファンによる「音功」は開催国が享受する当然の権利として認められている」というが、少なくとも前回の2002年日韓ワールドカップで日本のサポーターによる相手チームへの「音功」というのはなかったように思う。
一般的な日本人のメンタリティとして、試合の場以外でのこういう類の妨害行為は「卑怯な振る舞い」として軽蔑されるからだ。

「マリーシア」という単語がある。ポルトガル語で「狡賢さ」というような意味で、サッカーではルールに触れない(または審判に見つからない)反則ギリギリの行為を指す。審判に見えない位置でシャツを引っ張る、わざと倒されたように見せる、など海外のサッカーでは別に珍しく無い。要は反則にならない限り何をしてもOKという考え方だ。

フェアプレイとマリーシア

蹴閑ガゼッタ」のこのコラムでも、日本ではスポーツと精神性が結びついているためにそれに反するマリーシアは馴染まない、と結論付けている。
ましてやマリーシアですらないピッチ外での妨害行為など言外の行為だろう。ピッチを出ればそこは「ノーサイド」なのだから。

そして、このコラムにも述べられているようにこのようなメンタリティは日本人に特有というわけではない。でなければ98年フランス大会予選リーグのクロアチア戦のような出来事が起きなかっただろうと思う(ちなみに韓国の人に特有のメンタリティはこちらの記事を読むとよくわかるかも)。

98年フランスW杯のクロアチア戦にて

98仏W杯のクロアチア戦だったと思うが、日本の予選敗退が決まった時、勝利に喜ぶクロアチアのサポーターに対して、日本のサポーターから
「決勝リーグ進出おめでとう。同じリーグを戦った戦友として、 日本は、クロアチアの今後の健闘を祈ります」
というような英語の横断幕が張られた。

そして、日本側から
「クロアチア・ちゃちゃちゃ クロアチア・ちゃちゃちゃ (拍手)」
というエールが送られた。

期せずして、クロアチア側からも
「ニッポン・ちゃちゃちゃ ニッポン・ちゃちゃちゃ(会場全体が大拍手)」
という状況になった。

自分は当時も今もヨーロッパ在住の身で、ユーロスポーツTV(英語版)で観戦していたんだが、司会者とコメンテーターが、
「何と感動的なシーンなのでしょうか。長年W杯を観戦していますが、試合後にこれほど胸がいっぱいになったのは初めてです!」
「本当にその通りです。試合後に両チームの健闘を称えあう、これこそが、W杯が目指しているもののハズです。なんて素晴らしい・・・(嗚咽)」

自分もその言葉に泣きました。イタリアやドイツにはクロアチアからの
移民が結構すんでいるんだけども、今だにこのことを覚えてくれている人もいる


もちろんスポーツだろうが何だろうが勝負に勝つための行為は何でも是というメンタリティもまた世界には存在するわけで、韓国もその範疇に入るのだろう。そのような人たちから観れば上記のような行為は負けてなお相手を称えるなんて馬鹿じゃねえ~?ということになるだろうね。
冒頭の記事で騒乱を煽っているのはチョン・ウォンジェという大学教授で、国民の範たる教育者(笑)がこう言うからには、これが韓国人の一般的な考え方なのだろうと思う。
そのような相手に日本流のメンタリティを説いたところで何の意味も無いし日本のサポーターは日本流を貫けばいい。ただ、用心するに越したことは無い。

しかし、相手を眠らせないための単なる騒乱行為を、故郷の歌で敵国楚の兵士の戦意を奪った劉邦の知略(四面楚歌の故事)に例えるのは正直どうかと思うけどね(笑)。ていうか自画自賛?

テーマ:FIFA World Cup - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/12(日) 21:30:55|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


そういえば例の訴訟って>> | ホーム | <<納豆とチーズの包み揚げ

コメント

日×クロアチア戦の一文を読んで、戦勝国と敗戦国の将軍が互いに上の句と下の句を歌い上げる中国の故事を思い出しました。
韓国って他所の真似をするのが得意って感じ(偏見)がしますが、歴史上最も影響を受けている筈の中国の故事を取り入れるメンタリティは備わらなかったみたい…(´・ω・`)
  1. 2006/02/13(月) 10:05:33 |
  2. URL |
  3. ラッド #-
  4. [ 編集]

ラッドさん、中国もいろんな意味で侮れませんよ。
半島は素ですが大陸は確信犯ですから。
  1. 2006/02/13(月) 21:56:33 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/745-1c845f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)