FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

基地外はどこにでもいる

例の長浜の幼児惨殺事件を取り上げているブログが多い。ちょっとウォッチしてみたのだが、

 1. 朝日新聞の(当初の)通り名報道イクナイ。(容疑者の中国国籍・名を晒してからは)特定国籍人のみに対する通り名報道イクナイ。

 2. また外国人か。最近増加している(と思われている)外国人犯罪(ピサロ・ヤギとか)に政府は何やってんだ。

 3. なんだかわからんが痛ましい事件だ。

 4. 精神を病んでたみたいだし加害者に心のケアが必要だったんじゃないか、何が彼女を追い詰めたのか、とか。

 5. いかなる理由があろうと許すまじ。言語道断。

だいたいこんな感じだろうか。
当初動機がわからなかったが、「自分の子どもが環境になじめないのは周りの子が悪い。このままでは自分の子どもがだめになる。だから殺した」などと報道されるに及んで、2と5が増えてきた気がする。

1はいつものことだ。今更どう言う問題でもないがいっそのこと「通り名」自体を失くせばいいのに、と思う。あれだけ反日な人たちが都合のいいときだけ名前だけ日本風を名乗るのは、海外で悪事を働いた特亜人が「アイ アム ジャパニーズ」と名乗るのと同じだね。そういう「自尊心」は無いんだな。

2に関しては警察庁の統計によると外国人犯罪は増加しているものの、これには不法滞在(これももちろん犯罪なのだが)も含まれていて刑法犯の数に限ってみれば国内犯罪全体の刑法犯の増加率に近く、それほど増えているわけではないらしい。しかし来日外国人数はここ数年横ばいなわけで、つまり日本にいる外国人自体の質は年々下がり続けているわけだ。それに加えて不法入国者は増えている、という状況だそうだ。そんな中で国籍別犯罪者数で10数年トップを独走し続けているのは中国の人たちだ(ちなみに万年2位は韓国)。今回の事件もまた「中国人」ひいては外国人に対してネガティブな印象を植え付けたことはまちがいないな。先日の福岡県一家殺人といい、特に中国人の殺人事件は凶悪な印象がある。現場で献花していたペルー人家族が「外国人に対する風当たりが強くならないか心配」と答えていた。こういう人たちにまで間接的に迷惑をかけているってことだ。
擁護派(?)は加害者が中国籍であることから地域社会での孤立に悩んだ末の犯行と位置づけ、嫌中派は加害者が中国籍であること自体を叩くって感じだね。

3に関してはごく当たり前の感想だ。基地外の考えることが普通の人間にわかるわけがない。
自分の子どもの目の前で、無抵抗の幼い子どもを20箇所も包丁で刺して殺す。まずこの時点で十分に基地外確定だ。まともではない。殺人を犯す全ての人間は基本的にまともではない、といえるかもしれないが。

4に関して大抵の人は「容疑者のしたことは許されることではないが」と前置きして、容疑者の通院暦に言及し、外国人で慣れない環境やグループ登園がストレスだったんじゃないか、とか旦那や周りの人間の心のケアが足りなかったんじゃないか、という一見内省的な意見を述べている。「優しいな」と思う。何か自分が納得できる理由が欲しいのかもしれないけどな。
しかし「中国籍の女が自分の子どものそばで2人の子どもを刺し殺した」ということ以外に具体的な事実関係がわかっていない中で、よく周りの人間のせいにできるよなあ、と思う。それこそ思い込みだわ。
じゃあストレスなしで、我慢なしで生きてるひとなんているのかと。メデテーナ。同じ環境にあっても受け取り方なんて人によってそれぞれで、こういうまともじゃない人ってどんなケアを講じようとも自然発生的に一定の割合で発生する、とオレは思っている。
ところで地方にはスクールバスというものは無いんでしょうか?

オレの意見は平たく言うなら例によって5に近い。
理由はともかく、逃げたということは責任能力はあるということだ。何が悪いのかもわからぬなら逃げる必要は無いはず。この時点でオレはもう極刑でいいと思うけどね。凶器をわざわざ用意したところや犯行場所を選んだところは計画的だし。精神病を免罪符にするんじゃねーよ、と。

ていうか、一歩間違えば同じ境遇(殺られる側だけど)にあった人間として、オレが一番許せないのは、自分の子どもの目の前で殺すのを見せたところだ。自分の母親が自分の同級生を次々と刺し殺すのをこの子はどんな気持ちで見ていただろう。
この母親、子どもが心配だったとか都合のいいこと言っているけど本質的には自分のことしか考えていない。
自分が目の前で人を殺すのを娘がどんな気持ちで見るのか、ということや自分が殺したあと娘は周りからどう見られるのか、どうやって生きていくのか、など全く考えていない。それもみんなまた周りのせいにするのかな。自分を省みず周りのせいにする自分勝手な基地外親を持ったこの娘がほんとかわいそうだ。
まあ、まともじゃないんだから多分どんなこと言っても無駄だけど。
オレが見た限りこの点に言及してるブログは1つだけだった。
子どもがどう思うか汲み取れなかったってのはおそらく「他者との境界が曖昧」なんだよな。「私がこう思うんだからあの子もこう思うはず」って思い込み。子どもは子どもで親が考えていることと全然違うこと考えてたりするのにな。

また、「自分の子どもがだめになるから他の子どもを殺す」という考えに関して、「経験上トラブルを起す母親は、自分同様に他の人も必死な思いで子育てをしているのだという他者への共感が薄い。かわいいのは自分の子どもだけ」という同年代の母親の意見を見るにつけて、やっぱりこりゃこの女の自業自得じゃねーのかなと。
まあこの「他者への共感が薄い」ってのも「他者との境界が曖昧」ってのも人格異常者の特徴の一つでもあるのだけどね。

もし、外国人が、精神異常者(含む人格異常者)が上記の如く危険だというのなら、公共の福祉の観点からその権利を厳しく制限する他無いだろうね。まあ基地外を野放しにするな、ということで。
(一応言っておくとこれは外国人や精神病患者を差別するものではない。一般市民に危害を加える存在を適切に区別、隔離しろと言っているだけだ。)

しかし、そうでないというのなら、基地外は自然発生的にどこにでもいる、というわけで。もはや生死は運を天に任せるしかないのかもね。

これも「自己責任」てやつかな?エロいひと。

休んで助かった男の子は良かったね。亡くなった子ども達のお悔やみを心から申し上げます。


2/23追記:
オレ求職中に子どもの送り迎えとかしてたが、子どもの同級生に中国系とか台湾系のお母さんもいたけど普通に話してたよ。周りのお母さんも普通に接してたし。最近は会う機会もないけど、それでも道端で見かければ挨拶に二、三言ぐらいは普通に交わすな。
だから、やたら「日本人は閉鎖的でこの外国人こそ被害者」とかやらかすブログの論評には違和感バリバリなのだよなあ。
今まで仕事とかで知り合った非欧米系外国人(中国人、ブラジル人、フィリピン人 etc.)も、外国人だから嫌だとか悪いとかそんな風には思ったことなかったしな。いい人にばっか出会えてもしかして運がいいのかオレはw。

だから、何かというと「日本人は~」とか「日本社会は~」とかすぐ持ち出す人は非常にうさん臭く感じる。それこそ決め付けなわけで、自分の心の狭さを投影してるだけじゃないんかと。
たしかに海外から来た人は国内の人間よりは言葉とか生活習慣とかそういう苦労は多いだろうけどな。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/02/19(日) 01:07:17|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


EARTHWORKS>> | ホーム | <<行ってきましたWindows Vista体験イベント

コメント

人のことをキチガイ扱い出来る人ってどんな人?
自分のことを普通だと思える人ってどんな人?
  1. 2007/12/21(金) 01:07:22 |
  2. URL |
  3. VIPPERな名無しさん #-
  4. [ 編集]

>>VIPPERな名無しさん
>自分のことを普通だと思える人ってどんな人?
自分にしても周囲にしても、人は「自分」というフィルターを通してしか見れないわけで、対外的にはともかくたいていのひとが自分は「普通」だと思っているのではないでしょうか。

>人のことをキチガイ扱い出来る人ってどんな人?
こういう人ですよ?
  1. 2007/12/21(金) 22:59:32 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/754-b275eeea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気狂いはここにもいる

 彼がどのような罪を犯したのかは、全部彼のブログに書いてある。非常に悪質なプログ
  1. 2006/02/23(木) 01:35:53 |
  2. ぼくのWeblog 

美しい日本の、優れた私

 早速、と言おうか直前の記事に反応があった。腹を切れだなんて書いて本当に自殺して
  1. 2006/02/23(木) 15:18:26 |
  2. ぼくのWeblog 

「人権」が努力して獲得するものだった苦難の時代はもう終わりました

1、  金メダル獲得の裏側には何か「プロジェクトX」的な苦難がなければならないの
  1. 2006/03/08(水) 19:37:16 |
  2. ぼくのWeblog