FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

セキュリティソフト会社の稼ぎ時。

いろいろ便乗商法が出てきましたねえ。油断も隙も無いな。

削除ソフト・流出経路の調査…脚光浴びるウィニー対策

法人向けにウィニーの自動削除ソフトを開発したのは、ウイルス対策ソフト会社「トレンドマイクロ」(東京都渋谷区)。これまでにもウィニーに感染する暴露ウイルスの駆除に取り組んできたが、各省庁などからの要望も取り入れて新対策ソフトを作った。

セキュリティを扱うソフト会社にとっては稼ぎ時だろう。マッチポンプ、とまでは言わないが、Winnyの脅威を煽るほどビジネスチャンスは広がる。
これまでWinnyに直接感染して情報を漏洩させたウィルスは無い。Winnyを起動しているだけでウィルスに感染し自動的に情報が漏洩するわけではないのだ。Winnyはファイルを単にDLしたに過ぎず全てはスケベ心で落としたファイル(に偽装されたウィルス)を馬鹿が踏んだ結果に過ぎない。
その意味ではネットに接続しているだけで感染の可能性があるsassarのようなウィルスの方がはるかに凶悪だ。
これは明らかにミスリーディングだと言える。
官公庁の自らのユルさを隠すためのWinny叩きに便乗した格好だ。

ちなみにWinnyを削除するにはレジストリを使用したりしないので通常はフォルダごと削除すればいい。
しかし「キンタマ」や「山田」に感染した後では削除してもあまり意味は無い(キンタマの場合は一応流出経路は断てる)。

また、別のビジネスチャンスもある。

Winnyからダウンロードした個人を特定?? -異色プログラマー日誌

ネットエージェントという企業の杉浦社長が
「Winnyユーザーで誰が何を持っているのかを常に監視してます」
「誰が、何人流出情報を持っているのか調査」
などと言っていた事に驚きました。

これオレも見てたんだけど、技術的に可能だとしても言ってることが、
どう見ても「個人情報保護法」違反です。ありがとうございました。
って感じなんだよ。嘘だったら今度は詐欺だし。どちらにしても犯罪。
まあ、これ見てビビッてWinny止める人がいたら抑止力になったわけだからいいのかな、とも思わないでもない。
ネットエージェントさん、肉を切らせて骨を断つ作戦なのかね。

上の異色プログラマー日誌さんのエントリでも言われているけど、だったらさっさとウィルスの作者を特定してくれよ、って感じ。
あ、飯の種がなくなるから困るのかw。

先日の記事でも書いたが、これは単にWinnyを使う/使わないの問題ではない。
PCユーザのセキュリティ意識の甘さそのものの問題なの。

テーマ:情報セキュリティー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/03/13(月) 22:46:04|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


盛り上がってまいりました。 - 舞-乙HiME 22話 ->> | ホーム | <<ほころび

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/810-abc45c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)