FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

王ジャパン世界一オメ!

日本代表、キューバを破り、初代世界一に!!

王JAPANが苦闘の末、初代世界一に! ワールドベースボールクラシック(WBC)決勝、キューバvs.日本が21日(日本時間)、米国のペトコ・パークで行われ、日本が10-6で乱打戦を制した。日本は、見事に参加16チームの頂点に立った。
 決勝の大舞台で、日本打線が猛打爆発した。初回、1死満塁から多村の押し出し死球で、1点を先制。なおも、2死満塁から小笠原の押し出し四球で1点を追加すると、続く今江が2点タイムリーを放ち、試合の主導権を握った。5回に2点を加えた日本は、1点差に詰め寄られた9回にも、イチローのタイムリーヒットなどで、4点を挙げ、追いすがるキューバを突き放した。一方の投手陣は、松坂、渡辺、藤田、大塚と4人の投手が粘りのピッチングで何とかキューバ打線を6失点に抑えた。

いや、FF12やってて観てなかったんだけど。
まあ、なにはともあれめでたい。実力はあるとはいえ勝負は時の運。短期戦では何があってもおかしくないし。
とはいえ、いろいろとパッとしなかったのも事実だよなあ。

【WBCコラム】世にも珍しい試合方式で消えた優勝

アメリカが主導した今回のWBC。世にも珍しい試合方式のせいで韓国は最大の犠牲者となった。韓国は1次リーグ(アジアラウンド)で日本に3-2で勝った。ベスト8に入った2次リーグでもう一度戦って2-1で勝利した。韓国の2次リーグ成績は3勝。1組の1位として準決勝に進出。一方、日本は1勝2敗で脱落が予想されたが、2次リーグ最終日に米国がメキシコに敗れる波乱があり最小失点の原則によって漁利の利で準決勝に上がった。
 ほとんどすべての国際大会では組を2つに分けて進行し、ベスト4が決まったらクロストーナメントで決勝に進む2チームを決める。しかし大会初めての年に無理に欲を出した米国は、同じ組のチーム同士を再び準決勝で戦わせる日程を採択した。2組の最強チーム、ドミニカ共和国に決勝戦まで会わなくて済むように、という意図以外に説明のしようがない。

まあ韓国がドミニカやキューバに勝てたかどうかは別として、言ってることはそう間違っていないとは思うよ。悔しさも想像するに難くない。
ことWBCに関しては割りとまともな論調だった朝鮮日報。例の日米戦の誤審の際も日本のメディアより厳しく批判していたのが印象的だった。
優勝した日本に勝ち越しているんだから誇ってもいいんじゃないか韓国。

でも日本が勝ってほんと良かった。メキシコ様様だね。ありがとうメキシコ。漁夫の利万歳。

テーマ:ワールド・ベースボール・クラシック - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/21(火) 23:06:14|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


楽しいぞFF12!まだ序盤だけど。>> | ホーム | <<PE-Builder様様

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/824-778ac958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)