FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

好景気

現在は『バブル景気』を追い抜き、『いざなぎ景気』に次ぐ戦後2番目の好景気だそうである。しかもまだ続くらしい。

経財相「現在の好景気、相当程度長続きすると理解」(Nikkei Net)

知らんかった。いつの間に好景気になってたの?全然暮らし向き楽になってないけど。
政府は財政不足で消費税10%にするとか言ってるし。
どう考えても嘘くせー。

天下の回り物はきっと巡回経路が決まっているのであろう。
企業は儲かるのかもね。事業税を増税すればいいのに。

好景気といえば最近、韓国紙のサイトで日帝殖民地時代の朝鮮半島の経済成長率の記事を読みました。

植民地時代の経済成長率、年平均3.7%(Yonhap News)
同記事ハングル版

1911年~1940年の経済成長率は年平均3.7%、人口増加率は1.3%――植民地時代の国民経済を調査した書籍「韓国の経済成長1910~1945」が発行された。(中略)
編集に関わった東国大学の金洛年(キム・ナクニョン)教授は「朝鮮半島に居住していた日本人が経済活動に加わっていたことは事実だが、朝鮮人による経済活動の所産でもある」と話している。

ここ10年ほどの日本の平均経済成長率が1.2%、1970年代からバブル景気に至るまで(1974-1990)の日本の平均経済成長率が3.8%ですからこれはかなりの好景気ですね。しかも「朝鮮人による経済活動」と認めてるし。
また、人口増加率1.3%だと36年でだいたい人口が1.6倍(1.013の36乗)になります。以前日本統治時代に人口2倍と読んだことがあるのですが、これに較べるとやや控えめな数字であるもののそこそこ高い数字であることは間違いありません。
「日帝は苛烈に搾取し民族の抹殺を図った」のではなかったのかー(笑)。

よかった。不幸な朝鮮人はいないんだ。

ちなみに上の記事のハングル版をExcite翻訳にかけると日本語版では省略されている部分が読めて興味深い。

"殖民支配の不当性は日帝が韓国民の意志に比べて株券を侵奪したことにあることであって, この時期経済的成果の良し悪しによって左右されることができる性格ではない."(中略)
結果が殖民支配を正当化する ので 非難を浴びるかも知れないが, この時期に現われた経済現象を分析して理解する日課 殖民支配の 不当性を批判する事は次元が他の問題"と強調した.
'親日真相糾明法' 科韓日歴史教科書紛争など植民地に関する評価が 民族主義的理解と政治的判断で自由ではない現実を念頭に置いた言葉だ

国内向け記事では『親日真相糾明法』に引っかかるかもしれないからいろいろ言い訳しとかないといけないようです。研究者も大変だね。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/04/20(木) 00:49:24|
  2. 朝鮮半島ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


肉どうふ>> | ホーム | <<チェックメイト?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/865-69f9c123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)