FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

ピッチの外はノーサイド

前回のワールドカップでクロアチアがキャンプを張った新潟県十日町市が葛藤に揺れてるとTV朝日の報道ステーションでやってた。
どれどれ、と思って調べてみた。


  がんばれ日本・クロアチア(十日町サッカー協会HP)

私たちが望むもの、それは両国代表が気高いフェアな精神で、持てる力をすべて発揮し、美しく心に響くサッカーを魅せてくれることです。日本・クロアチア両国のグループリーグ突破が夢です。

 同時に私たちは、ワールドカップが、勝者・敗者という対峙した立場を作り出すだけではなく、勝敗を越えて永遠に輝く友情を生む、大切な機会であることを多くの人々に知ってほしいと願っています。


十日町市の人たちとクロアチア代表はキャンプ中の公開練習やサッカースクールなどの交流を通じて互いに仲良くなり「だんだんどうも(方言。「いつもありがとう」の意)」と挨拶し合ってたそうな。中越地震の際もクロアチアサッカー協会から被害を心配するFAXが真っ先に届いたとか。
十日町の人たちは前回、今回とクロアチア代表のためにクロアチアカラーの赤と白の千羽鶴を送った。ワールドカップのベンチに千羽鶴が飾られたのはワールドカップ史上唯一らしい。

ネットでは有名なデンマークと和歌山の話(なんと!本になった)に代表されるように前回のワールドカップ開催国としての日本のホスピタリティは非常に評判が良かった。どのキャンプ地も各国代表チームやサポーターといい関係を築いていたようだ。
また前々回のフランス大会での試合後のエール交換の件もあるしクロアチアの人の対日感情がいいこともあったと思う。
とにかく十日町市の人たちのクロアチアに対する感情は特別なのだ。

だからさー、両方応援すればいいんだよ。

・・・って書こうと思ったのだが、サイトを見た限り、杞憂だね。
両方にいい試合をしてほしい。確かに日本に勝ってほしいけどね。
ということで・・・

「クロアチア・ちゃちゃちゃ クロアチア・ちゃちゃちゃ」
「ニッポン・ちゃちゃちゃ ニッポン・ちゃちゃちゃ」

今回も観れるかな?

ところで、試合に集中したい、というのもわかるが日本代表も少しはキャンプで世話になっている現地の人と交流してきてくれよぅ。初戦負けで苦しくなった今ますます難しいかもしれないが。サムライだろ。

  ボン市民がっかり選手交流なし/ビバW杯(nikkansports.com)
  1. 2006/06/15(木) 23:22:17|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


変われ!JASRAC!>> | ホーム | <<今年も行ってきた次世代ワールドホビーフェア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/960-a9e49d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)