FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

魚の目ができた。

なんか足の裏痛いなと思ったら魚の目が出来ていた。何年ぶりだよ。
イボコロリとかも無いので風呂上りに皮膚がふやけたところで仕事道具のニッパでパチンパチンと肉を切らないように細心の注意で切り取った。芯が残ってるとまた出来ちゃうんだけどねえ。

子供の頃に出来たときは、母親が実家(江戸時代から続く医者なのです)から持ってきていたと思われる「大日本帝国陸軍薬品廠謹製」の「ピック膏」という絆創膏のようなものを貼ってくれた。
子供心に「何で今更こんなものがあるんだろ」と思ったが、貼って数日おくと魚の目が薬品でふやけてポロっと取れるというものだったので、イボコロリのようなものだったんだろうなきっと。
  1. 2006/06/17(土) 19:49:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


今年も行ってきた次世代ワールドホビーフェア>> | ホーム | <<リボルテックおもすれー

コメント

僕が子供の頃にもそんなウオノメ用のパッチがありました。確か丸くて小さい布テープか、もしくはドーナツ型だったか。

しかし、大日本帝国陸軍~ってのはすごいですね。Zakさんのお祖父さんはもしかして銀座の歌劇場で切符のモギリをしていた方ですか?
  1. 2006/06/17(土) 20:35:38 |
  2. URL |
  3. ラッド #-
  4. [ 編集]

>>ラッドさん
もしそうなら仏壇には刀を構えた袴姿の若い頃のばあちゃんの写真があったかもしれませんが(笑)。
母方の祖父は軍医でもあったのでたぶんそういう関係のじゃなかったのかと。
子供心に「(そんな古いやつで)大丈夫なのか?」と思った覚えがあります。
  1. 2006/06/17(土) 20:53:06 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/962-16267641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魚の目治療法 | 足の「魚の目」はうおのめとっと・イボコロリで治療

魚の目とたこ、違いをご存じでしょうか。 魚の目もたこも、圧迫や摩擦などの刺激から自らを守ろうとして特定部分の皮膚を厚くする、体が持つ本能的な防御反応の一つです魚の目が出来ると違和感や激しい痛みを感じます。そんな魚の目の原因や治療法を紹介していきます。
  1. 2006/10/18(水) 22:41:45 |
  2. 魚の目治療法 | 足の「魚の目」はうおのめとっと・イボコロリで治療