FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

明日はわが身

いまさらですが山口母子殺人犯の福田孝行、死刑の可能性が限りなく高くなりましたね。最高裁自身が判決を下さなかったのは残念ですが。


  山口・母子殺害 「無期」破棄差し戻し 最高裁 元少年、死刑の公算(Yahooニュース)

山口県光市で平成11年4月に起きた母子殺人事件で、殺人罪などに問われた当時18歳の元会社員の被告(25)の上告審判決が20日、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長=退官、上田豊三裁判官代読)であった。第3小法廷は「罪責は誠に重大で、特に斟酌(しんしゃく)すべき事情がない限り、死刑の選択をするほかない」として、無期懲役を言い渡した2審・広島高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。


この事件、犯人の異常性(殺害後死姦、乳児殺害)も去ることながら、弁護側の意見陳述も輪を掛けて異常なものだった。
被告弁護人の安田好弘の主張の一部を挙げてみると、

  「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで 抱きついた」
  (床に叩きつけたことについては触れずに)「あやそうとして、ひもを首に蝶結びにしたら死んでしまった。 」

上記の主張を聞いて「ふむふむなるほど」と思える人間がいるだろうか。馬鹿も休み休み言えと裁判官が一喝しないのが不思議なくらいだ。
こういうのを聞くと、弁護士ってのは「基本的人権を擁護し、社会正義を実現する」存在などではなく、ただ金のためや自分の主義(安田弁護士は死刑廃止論のリーダー的存在だ)のために詭弁を弄して恥じない単なる利己主義者という存在に見える。こういう人には自分が同じ立場に立ったときどうか、という想像力が根本的に欠けてるのだ。他人の痛みを理解できないのだな。

それを裏付ける例がいくつかある。


  ブレイディの教訓 少年よ、人権派に触るな (高山正之の異見自在)

民主党のクリントン政権が生まれて二年目の一九九四年、全米にあふれかえっている銃を規制する法案が成立した。

(中略)面白いのは、この法案の成立にもっとも尽力し、世間を説得したのは生粋の共和党員であり、銃規制に一番反対してきた全米ライフル協会(NRA)の会員だったジム・ブレイディだった。
 彼はレーガン大統領の広報官をしていた八一年、大統領を狙撃したジョン・ヒンクリーの流れ弾で頭を撃ち抜かれ、下半身麻痺の重傷を負っている。

(中略)元日弁連副会長の岡村勲弁護士(七一)の自宅で、夫人の真苗さん=当時(六三)=が訪れた男に殺された。

(中略)岡村弁護士は犯罪の被害者になって初めて「司法と被害者の距離を実感した」という。
男が捕まって裁判にかけられても、その言い逃れに被害者の岡村弁護士は一言も反論できず、「じっと唇をかんで」黙っているだけだった。「なぜ、ここまで被害者が捨て置かれるのか」
やっと法廷で証言する機会を得た岡村氏は「(犯人を)極刑にしていただきたい」と訴えた。被害者としては当然の思いだった。

(中略)岡村氏は怒り、それは大きな波紋を呼んだ。なぜなら彼は一般人ではなく同じ司法試験を通った身内で、なにより人権に一番うるさい日弁連の元副会長だった。

 これは過去にはなかった例で、それで裁判所も検察庁も考え直した。まず検察庁。求刑の八掛けで無期なら慣例通りだが、あえて控訴した。「身内が被害者の場合、一人殺しても死刑にしようではないか」というわけだ。

 裁判所も思い直した。岡村弁護士の、殺された妻の遺影の法廷持ち込みを認めようじゃないか。

 たとえばこの三月、山口県光市で起きた母子殺害事件の判決公判では、一般市民である夫が殺された二人の遺影を持ち込みたいというのを「被告に心理的な圧迫をかけるから」と禁止していた。日弁連の人権派弁護士の要求に沿ったしきたりによるものだ。

 それが身内の弁護士が被害者になったとたん、コペルニクス的転換を示したわけだ。ブレイディと同じに、ヒトはその痛みが分かれば大きく変わるものである。


というわけで、自分や自分の身内が同じ立場になって初めてわかる、ということもあるのだ。
身内が被害者だと一斉にコペルニクス的転回(笑)をする日本の司法関係者も情けないが。人の命の重さには差があるってことだね。
それでもなお「死刑は反対だ」という人もいるかもしれない。自分の思想を貫く態度はそれはそれで立派だと思うかもしれないが、人間としては尊敬できないな。「殺された身内はあなたにとって何だったの?」と思うもの。

被害者の夫である本村洋さんの言葉、

「自分の命を取られることを初めて実感したときに、自分の犯した罪の重さを知る。それこそ死刑という刑罰の意味だと思う」
「何とか人間の心を取り戻して死刑を受けてほしい。悔い改めてもなお、命を落とさなければ償えない罪がある。その残酷さを知って、犯罪が起こらぬようにする方法を社会は考えなければならない」

オレも同感だ。「人生はやり直しがきく」などというがそれには限度というものがある。罪を悔いてなお命を差し出すことでしか償えない罪があると思うのだ。

もっとも、


ま、しゃーないですわ今更。被害者さんのことですやろ?知ってま。ありゃーちょうしづいてるとボクもね、思うとりました。…でも、記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんのなら好きにしてやりたいし

知あるもの、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはヅラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君。

犬がある日かわいかった犬と出会った。…そのまま「やっちゃった」…これは罪でしょうか

5年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時ば完全究極体で出たい。じゃないと2度目のぎせい者がでるかも
オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ


などと言うなめたヤツが己の罪を悔いてるとも思えんけど。ていうかカテゴリーB?サイコパス?

たびたび書いているがオレは死刑賛成論者だ。バカは死んでも直らないが。


テーマ:山口県母子殺害事件 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/26(月) 00:31:36|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
以下、広告です。
 


イカの塩辛のスパゲティ>> | ホーム | <<ソーセージとオリーブのスパゲティ V2

コメント

こんにちは。ぼくのWeblogです。
ぼくは、近代国家に、死刑は不要であると考えます。
いくつか質問があります。
「こういう人には自分が同じ立場に立ったときどうか、という想像力が根本的に欠けてるのだ。他人の痛みを理解できないのだな。」
というあなたの想像力についてです。
先の大戦で、旧日本軍に戦争被害を受けた国々が、補償を求めてくることに対し、常々あなたは冷笑的ですね。
一般にそうなのです。中国や朝鮮を「特定アジア」などと呼び嫌悪している保守派は、死刑賛成論者です。
昔のことだと時効を適用し、戦争という状況のもとではしかたがないと、これは情状酌量。
取り決めにおいて、すでに賠償は終わっていると、ここぞとばかりに近代主義を導入!
「限度というものがある。罪を悔いてなお命を差し出すことでしか償えない罪があると思うのだ。」
彼らがそう言って、死刑を要求してきたとき、あなたはどう答えるのでしょうか。
すでに賠償は終わっている(笑)?
クラスターだかなんだか知りませんが、いじめられるやつには、遺伝的にいじめられる理由があったんでしょうなきっと。
エゴイズムというか。
あきらかに矛盾です。
死刑適用の拡大を求めるあなたは、本当に被害者遺族の気持ちを考えてそう言うわけではない。
自分が考えられる遺族の気持ちしか考えていないように見えます。
あなたが感じているのは、自分が感じられる、都合のいい痛みだけです。
自分に都合のいいことばかりに働く「想像力」を、ぼくは「想像力」とは呼びません。あなたがしているのは、感情移入です。
極端な事件をメディアが危機をあおるような記事に仕立てて報道する。
メディアにのせられているだけにも見えます。日本はまだまだ安全な国です。
ちなみに日本より、遥かに犯罪発生率の高い国が、軒並み死刑を廃止していることを、あなたはどう「想像」するのでしょうか?
  1. 2006/06/27(火) 22:20:34 |
  2. URL |
  3. ぼく #Bo5js7N6
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

>>ぼくさん

>すでに賠償は終わっている(笑)?
ええ、終わってますね。
「旧日本軍に戦争被害を受けた国々が、補償を求めてくることに対し」と言われましたが、現在日本に大戦時の謝罪と賠償を求めてくる国は中華人民共和国と韓国だけです。
上記2カ国についても、一般的に日中平和友好条約と日韓基本条約締結によって終了したと認識されています。
日韓基本条約には「完全かつ最終的に解決した」と明記されていますし。
おかげで昨年韓国政府が条約の内容を初めて国民に公開した際には大騒ぎになったそうですね。
交渉時に個人賠償分も一括で賠償金を請求した以上韓国政府に個人賠償の責任があるとするのが普通だと思うのですが。でなければ二重取りですよね。

戦争責任は国家に帰属すると考えます。少なくとも他国への賠償ということに関して日本は国際法というルールを出来る限り遵守したと思いますよ。
当時国際法で認められていた植民地および戦争という外交手段に対し現在の観点から非難すること自体がナンセンスですし、個人の犯罪のメタファに過去の戦争を持ち出すのは適切でないと思います。

>あきらかに矛盾です。
いや、矛盾していません。オレの主張は明快です。「ルールを守るものはルールの庇護を受けるべきだ。ルールを守らぬものはルールの庇護を受け得ない」ということです。
日本では刑法上死刑が極刑ですから合法的に「死刑にしろ」と言っています。オレは順法主義者ですから。
リンチはいけません。また再犯率および応酬法という側面から見ても死刑という刑罰を支持します。
日本は民主国家ですから「死刑は廃止したほうがよいか」という議論は当然アリだと思いますよ。

>遥かに犯罪発生率の高い国が、軒並み死刑を廃止している
死刑を廃止しているから犯罪発生率が高い(低下しない)とも考えられますね。
ただし、こういう国には死刑の代わりに終身禁固という刑罰があるのを忘れてはいけません。
少なくとも犯罪者を社会から隔離しているかぎり再犯率を低下させることはできるのですから。

>いじめられるやつには、遺伝的にいじめられる理由があったんでしょうな
誰のことを言っているのかわかりません。あなたのことですか?
  1. 2006/06/28(水) 00:16:54 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

いえ、あなたのことです。

人権や、命の大切さをいうわりには、あなたの人権意識は低いと、感じます。
おもいやる心の大切さをいうわりに、人間をまったく信用していない人だな、と感じます。
そのへんが矛盾というか、不思議なところです。

出所してきた人の社会復帰は非常に困難で、彼らは実質的に社会から隔離されているも同じですし、今の日本の状況がつづくのであれば、終身刑もいらないかなと皮肉っぽく思ったりもします。
必要なのは厳罰ではなく、マスコミにのせられて被害者の仮面を何枚も何枚もかぶりたがるあなたでもなく、犯罪者を更正させるプログラムと、それを受け入れる社会だと思います。
  1. 2006/06/28(水) 00:48:36 |
  2. URL |
  3. ぼく #Bo5js7N6
  4. [ 編集]

>実質的に社会から隔離
されてるのであれば「再犯」などということは発生しないと思いますが。

>人権や、命の大切さをいうわりには、あなたの人権意識は低いと、感じます。
>おもいやる心の大切さをいうわりに、人間をまったく信用していない人だな、と感じます。
どう感じようとそれはあなたの自由です。
むしろオレにはあなたがどうしてそれほど加害者に感情移入するのかが不思議です。
  1. 2006/06/28(水) 01:06:40 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

それはぼくが、いい意味でも悪い意味でも(もちろん自分ではいい意味だと思ってはいますが)、ルールを破る人間だからだと思います。

「他人の気持ち」「おもいやり」なんてものを武器に、ルールを守らせようとするあなたのような人間に、反発して生きていたからでしょう。

何よりそれは偽善に思えたのでした。

遺伝だとか、そういうものを理由に、人間を生まれつきの枠にはめようとするあなたを、誰よりも「おかしい」と思ってきたからだと思います。

被害者・加害者に感情移入というより、これは自分の問題なのです。
  1. 2006/06/28(水) 01:24:18 |
  2. URL |
  3. ぼく #Bo5js7N6
  4. [ 編集]

殺人がいい意味でルールを破ることになるんですか?
「ルール」だとか「規則」だとか「責任」という単語に脊髄反射的に反発しているようにしか見えないんですが。
  1. 2006/06/28(水) 01:59:39 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

殺人がいい意味でルールを破ることになるわけがないじゃないですか。馬鹿だ馬鹿だと思っていましたけど、あなた、やっぱり馬鹿ですか。

あなたもルールを守ることでしか生きられなかった人の、典型ですね。

枠にはまることでしか、自己実現できなかったあわれなお方。

想像力ぐらいは、せめて枠の外側でお使いになってみてはいかがでしょうか。

いつも思うのですが、他人の気持ちになって考えてみろ、と「おもいやり」を持ち出してルールを守らせようとするあなたは、卑怯です。

  1. 2006/06/28(水) 03:22:21 |
  2. URL |
  3. ぼく #Bo5js7N6
  4. [ 編集]

zakさん初めまして。

通りすがりなので
説得力がないのは承知で
横槍コメントいたします。

zakさんの為に言います。
この「ぼく」と言う書込み者は
何を言っても無駄な部類です。
他人の土壌に土足で上がり込み
暴言を吐く時点で、この人間が
どういう思想の持ち主か分かります。

この書込み者は論議の範疇を越えて明日ね。
自分の思想が、さも正しいとし
自分と同じ思想でない人間は許さない
そんな輩でしょう。相手にするだけ無駄です。

自分のブログのURLを表記し
自分の使っているプロバイダのメールアドレスを
公開すれば、何を言っても許されると
思ってるんでしょうね。

「ぼくのWeblog」と言うものも
突っ込みどころ満載でしたがあえて
論議するにも値しない内容なので
ここまでにしておきます。

コメント削除及びこの書込み者のみ
フィルターをかけるなどして
相手にしないことをお勧めします。

まっ、放って置いたら、幾らでも
暴言入りコメントを書くでしょうね。
この横槍コメントにも(w
  1. 2006/06/28(水) 11:50:44 |
  2. URL |
  3. カムカム #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>>カムカムさん
はじめまして。親切なご忠告ありがとうございます。とてもうれしいです。

以前別のエントリでも書いたのですが、オレのブログに対するスタンスはオープンでフェアであることです。
たとえ否定的なコメントやトラックバックであったとしてもエントリの内容に沿うものであれば一定の敬意を払うべきだと考えています。ですから検閲もしませんしSPAM以外のものは原則的に受け付けるようにしています。
世の中にはいろいろな考え方がありますし、(たとえ悪意があるとしても)フィルターを掛けて検閲して、そんな裸の王様では意味がないと思っているのです。

オレは別にそういう人たちを説得しようとも思いませんし、分かり合えるとも思っていません。
ただ自分の立ち位置を明確にしようと思うだけです。斜め上からのツッコミはときに思わぬアイデアを与えてくれたりすることもありますし。それもまた勉強の一つだと考えています。

もしイタいコメントを書き込めばその人が周りからイタい目で見られるだけのことです。
そういう意味においてオレはカムカムさんのような読み手のバランス感覚を楽観的に信用しています。
これまでたびたびネタにしてきた「祭り」や「炎上」などの現象を観察した上でのことです。

これは青臭いやり方かもしれませんが生温かく見守ってやってください。
これからもよろしくお願いします。
ご忠告感謝します。
  1. 2006/06/28(水) 21:44:44 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

>>ぼくさん

>殺人がいい意味でルールを破ることになるわけがないじゃないですか。
ああ、よかった。殺人が悪いことだという認識は一応あるのですね。これで身の危険を感じずに済みます。

それでは、こちらはどうですか?

しかしzak_mustang は、可哀想な気狂いである。責任能力は既にない。
 恐らく母親か、イジメに関するトラウマがあるのだろう。それもかなり重症の。治癒する見込みもない。
 邪推するに、それは幼いころ、父親の目の前で外国人にむりやり犯されたか、何かだろう、その強姦魔は母親の愛人で、抵抗したところちんぽを200回ぐらい刺されたのだ、九死に一生を得たが、それが今もトラウマになっている。その反動とコンプレックスで、彼はこんな気狂いになってしまったのだ。zak_mustangが愚に染まり、公共の福祉の観点から見て犯罪と呼べるエントリーを書き散らして何の反省もないのはだから彼のせいだけではない。
彼を犯した外国人が悪いのだ、‥‥たぶん中国人と、韓国人が。愛欲に屈した母親の、その愛人が悪いのだ。自分をかえりみず周りのせいにする自分勝手な気狂いを親に持った彼は本当に可哀想な気狂いである。

書いた人間の心根が透けて見えるような素敵な文章ですね。
この文章はniftyに削除されたあなたのエントリの一節です。全文は今でもオレの他のエントリで見られます。懐かしいですか?
プロバイダから削除されたことからもわかると思いますが誹謗中傷というのは一般社会ではルール違反です。これはあなた自身の行為ですがこれもあなたが言うところのいい意味でのルール破りなんでしょうか?事実無根の誹謗中傷をするあなたは卑怯ではないのですか?

重ねて、あなたは掲載を辞めてほしいという人の絵をわざわざ二次加工して劣化させて掲載し、ネット上のものに著作権など無いと嘯いていますね。これもあなたにとってはいい意味でのルール破りなんですか?そのエントリに対する抗議のコメントを削除して無かったことにするあなたは卑怯ではないのですか?
  1. 2006/06/28(水) 21:54:10 |
  2. URL |
  3. zak #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/976-92a4161a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

他人の気持ちになってみろ、と「思いやり」を持ち出してルールを守らせようとする人間は、卑怯だ。

 自分の生きかたがわからない、という人間は、現実を理解する能力が貧弱なのだ。いつも場違いなところにいるような気がする。  自分のすべてを受け入れてもらいたいと思っているので、自分と他人との境界が曖昧になってしまう。  極端から極端へ、感情の移り変わりが激し
  1. 2006/06/28(水) 14:23:11 |
  2. ぼくのWeblog